先日、人はいつ死ぬかわからない。。。という内容の記事をアップしました。
関連記事です。。「人はいつか死ぬ。それは明日かもしれない、と実感した出来事。」

まだまだ、本気で自分はいつか死ぬ、ということを理解できていない私ですが、
結婚して家計を預かるようになり、ふと不安に思うことがありました。

それは、
「もし私が死んだら・・・だんなさんが、路頭に迷うのではないか?」
ということです。

ちょっと大げさ!?(笑)
ですが、わが家のだんなさん。家計管理には一切興味はなし。
すべて私に任せっぱなし。路頭に迷う・・・あらかた冗談ではないかも。

・月々の支払いがいくらか。
・どこの口座から引き落とされているのか。
・貯金がいくらあるのか。
・加入している生命保険。

などなど。な-----んにも、知りません。

なんどか話をしてはいます。
ですが、興味がないのですぐに忘れてしまうんですよね。

こりゃまずい!
もしわたしが死んだら。それだけでも、バタバタするだろうに、そのうえお金のことが
なにも分からないとなったら・・・

わたし、枕元に毎晩現れて
「住宅ロ-ンの引き落としは毎月15日イ~早く、生命保険の申請に行ってエエエエ~」
と言い続けなくてはなりません。

ですので、その不安を取り除くため。
わたしはこんなことをしています。

手紙


「もし私が死んだら、これを読んでください。」メッセ-ジです。
エンディングノ-ト、話題になりましたよね。

経済評論家の金子さんが亡くなったとき。
彼は残された奥様が困らないよう、金融関係からお葬式まで、すべて記録に
残していた話は有名です。

後日、奥様のインタビュ-を読ませてもらいましたが
それはそれは凄まじい闘病生活だったそう。そんな中でも、奥様への配慮を
忘れなかった金子さん。

ステキだなと思いました。

わたしも、同じ気持ちでこのメッセ-ジを残しています。
大切な家族である、だんなさん。

そりゃ、まいにち一緒に過ごしていれば頭にくることもあるし、ケンカもします。
それでも大切な、愛するだんなさんです。

そんな大切な家族が私の死後、なるべく困らないように。
このメッセ-ジには、たくさんの大切なことが書いてあります。

手紙


・貯金や投資信託。お金のこと。
・月々の引き落とし額・その内容。
・民間加入の生命保険・個人年金。
・私が望む、お葬式のスタイル
・だんなさんへの、愛のメッセ-ジ(感謝の気持ちと、言いたいことが書いてあります!笑)

などなど・・・。

あ!ひとつだけ書いていないこと。
それは、銀行の暗証番号!これは書きません。

万が一、空き巣に入られキャッシュカ-ドを盗まれてしまったら・・
簡単に、口座から現金が引き出されてしまう危険がありますからね。

わたし名義の口座は、私が死んだら現金が引き落とせないよう
口座凍結されてしまいますからね。暗証番号を残しておく必要もないのです。

そのかわり、だんなさん名義の普通口座に、つねに数百万は入れてあります。
これぐらいあれば、数か月は暮らせる&お葬式代も払える、ぐらいの額です。

このエンディングメッセ-ジ、最低年に2回は、だんなさんに書いてあることを伝えています。
結婚記念日と、どちらかの誕生日に。

それ以外にも、思い出したら伝えます。
そうしないと忘れてしまうので。。。(いまだ、「そうなの?」とか言われますから

それから、何年かごとに、エンディングメッセ-ジの見直しをして、
変更があればリニュ-アル、しています。

いまの手紙は結婚後、3回目の改定版。
読み返すと、おもしろいですよ。

お互いの成長ぶりも見れたりします。
結婚生活は修行、という人もいますが、まさにそうなのかな?


エンディングメッセ-ジ、おすすめです。


その他に、もうひとつ。
私が死んだらだんなさんが困らないようにしていることがあります。

その話はまた・・・続く・・・。


最後までご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ