暑い夏。
食欲も落ちてしまいがち。

(わが家には無縁ですが。)

そんな暑い夏の作り置きおかずは、やっぱり
「チキンの南蛮漬け」がおすすめ♪

できあがり!


わが家はお手頃ヘルシ-な、鶏の胸肉を使います。

南蛮漬けの漬けだれは、以前アップした記事
(コチラ→「南蛮漬けの漬けだれ。わが家のレシピです。」)

この漬けダレのレシピから、水を抜いたもの。
チキン南蛮漬けのときの漬けだれは、お水は入れません。

(チキンはそんなに水分を吸い取らないので、
水をいれなくてもダイジョウブ。)

水を入れても、もちろんダイジョウブですよ。


チキンの下準備

①鶏の胸肉。2枚を適当な大きさにカット。
(すこし厚めのスライスが火が通りやすく、食べやすいです。)
ビニ-ル袋にいれます。

カット


②片栗粉を、大さじ2~3杯入れます。

片栗粉


③ビニ-ル袋の口をひねって、風船のようにし、

入れる

シャカシャカ振り、片栗粉をまぶします。

まぶす



注)粉が飛び散らないように、袋の口はしっかりとしめて下さい。

鶏肉ひとつひとつにしっかりと粉がつくぐらい、
けっこう多めに粉をまぶします。

かんたん!

粉がしっかりつくと、取り出しやすくなりますよ。

④オリ-ブオイルをすこし多めにいれたフライパンで③の鶏肉を
焼きます。

最初は中火で、両面こんがりと焼き色をつけて。

そのあと弱火にし、フタをして。
鶏肉の中まで火がしっかり通るまで、じっくりと焼きます。

⑤焼きあがったらすぐに、先につくっておいた
南蛮漬けのタレに入れれば・・・

できあがり!


出来上がり~♪

冷めたら冷蔵庫にいれます。

(いまの時期、なるべく早く冷蔵庫にいれたいので、
保冷剤をボウルの下にしき、はやく冷やすようにしています。)

南蛮漬けのタレがドレッシング代わりになってくれるので、
生野菜の上にのせて、チキンサラダにして食べたり。

ほどよい酸味なので、食欲が落ちがちな夏でも
たべやすい。

しかも、お手頃価格の「鶏の胸肉」
お財布にもやさしい♪

暑い夏の、おすすめ。作り置きおかずでした。


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ