ちょっと前。

久しぶりに夫と、

「お金」のことで

意見交換しました。笑。


るるる~





意見交換中、夫の口から何度か

放たれていたキ-ワ-ド。それが、

「身の丈で生活する。」




この、「身の丈」の、丈の長さに。

夫婦間でじゃっかんズレが生じていたようです。

(夫のほうが、長かった。)




発端はこの日の朝、なにげなく

私が思っていたお金の価値観を

夫に伝えたところ。

夫、めずらしく。

キレました!!!




わたし、まったく怒らせるつもりはなく。

夫もその件は了承しているものだと

思っていたので。




夫の切れ具合に、あんぐり。






・・・と。ここで

いままでのわたしたちだったら




キレられた方:「なに?怒ってんの?」

キレた方:「怒ってないよ。」

キレられた方:「怒ってんじゃん!なんか言えば?」

キレた方:「怒ってないって言ってんじゃん!しつこいわ!」




・・・と。

まいかい、こんなパタ-ンでした。

でも、この日は違ったんです。




夫は今まで通り。最初は怒って

態度にあらわすだけでしたが。

わたしが、

「?なんか・・・納得いってない?感じ?」

と聞き、そして自分が考えていたことを

冷静に伝えてみたんです。。。




すると、夫も冷静さを取り戻し、

「自分はこう思っている。」と。

考えを話してくれました。




そのはなしの中で、

はじめて夫がそんなことを考えていたんだ、

と。知ることがあったりして。

自分の中のモヤモヤがとれた。




それは夫も同じだったよう。




お互いの意見を言い合うと、

つい自分の意見を押し付けて。

あいての考えはまちがっている、と。

正したくなる。

(どっちが正しいとは言えないのに。)




または、

「自分さえ我慢していればケンカしないですむ。

だから、私はなにも言わない。」

と我慢してしまうこともある。




でもね。。。




その方法だから、けっきょく

うまくいかなくて。

また、こうして。

わたしの前に「課題」「チャレンジ」として

やってくる。




夫との、年に数回の意見交換も、

きっと、そういうことなんだろう。




夫とわたしのお金の価値観は

似ている部分が多い。だが、

まるで正反対!な部分もある。




タイプで分けると、

夫は「金持ち脳タイプ。」

私は「貧乏脳タイプ。」




たとえば臨時収入があったら、

いちばん最初にあたまに浮かぶのは、

夫:パアッと、みんなにおごる!

私:なにかあった時のためにとっておく!

笑笑笑。




こんな二人ですもの。

価値観がずれてくるのは

仕方ないこと。




100%おなじ価値観なんて無理。

100%相手の価値観に合わせることも

また、無理。



だからこそ、こうして自分の考えを

言い合うことって時に必要だと

かんじました。

だまっていても、伝わりませんから。




ただ、、自分が言ったことを

相手がどう受け止めるかは、

相手次第。

逆もまた然り。




そのなかで、

お互いの価値観を尊重し合って

重ねていくことも、大切だと思ったのでした。

冷静に話すことができた自分たちに

グッジョブ!

♪♪♪




ただ、じゃっかん「悲劇のヒロイン」に

なりそうな思考グゼが、まだ顔を出しそうに

なったので・・・そこは要注意。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング