女40代。

40代に入り、変わったな~と

思う事↓




「去る者は追わず。来るものは選ぶ!」




若い時は

「去る者は追って、来るものは拒まず。」

でしたが。




40代になり、

「去る者は追わず、来るものは選ぶ!」

になってきたな~と感じます。




たとえば、人間関係。

幼いころからの友人に

距離を感じるようになったり。

逆に、距離を置かれるようになったりも、

もちろんあって。




そんな時、わたしは基本

「去る者は追わず。」にしています。




距離を感じたときは自分が去る方ですが、

それでも「去る者は追わず。」




この場合は、

自分の気持ちが去る(変わる。)ことを

受け入れる、という意味。




以前だったら、幼いころからの友をそんな風に

思う自分を冷酷だ、と感じていました。

いままでお世話になったんだから、

これからも関係を続けるべき!と。。。

本音は封印していました。




いまは、去りたいなら去ればいいよ。

距離を置きたいなら置けばいいよ。

そんな私を連れ戻すことはもうしない。

去る者は追わない。




距離を置かれる場合もそう。




もし、なにか誤解があって

距離をおかれていたとしたら。

チャンスがあったら、誤解を解くような

行動はもちろんします。




ですが、相手がチャンスをくれないようならば・・・

または、事実をつたえても理解してもらえないようならば・・・




もうそれ以上、どうにかしようとはしません。

誤解されるようなことをした

自分にも非はあるのですから。




これも、縁。

去る者は、追わない。




40代に入り、人間関係の誤解や行き違いは

無理やり軌道修正をしようとしなくなりました。

どうにかしようとすればするほど・・・

紐は複雑に絡まっていく。

だから、ながれに任せる。




そして、もうひとつ。

「来るものは選ぶ。」




若い時は来るのもは拒まずでしたが。

いまは、そんなことをしていたら

必要なところへたいせつなエネルギ-を

使えなくなってしまいますから。




来るものは、選びます!

それは、人間関係だったり。

とびかう情報だったり。

だれかの噂話だったり。




やってくるもの、ひとつひとつに

反応していたら。

ほんとうにしたいことができなくなる。




だから私は

来るものは選んでいます。




こんな書き方をしたら、なんだかとっても

偉そう~ですね。

ですが、自分の人生。

主役は自分です。

誰かの人生を生きているのではない。




自分の中でだったら

自分が一番偉くてもいい。




わたしは微力ながら、、、

自分が少しでも楽になれる習慣を

書き続けて行こうと思っています。




ふだん、口に出さないような・・・

そんな心の中の事も。

これからもこうして書いていきたいと

思っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


シンプルに生きたい♪
参考にしています。

幸せな人だけが知っている シンプルな生き方   鈴木真奈美/著



手放す






本


楽天

幸せな人だけが知っている、シンプルな生き方 [ 鈴木真奈美 ]

価格:1,404円
(2016/8/12 06:46時点)
感想(2件)





アマゾン

幸せな人だけが知っている、シンプルな生き方

新品価格
¥1,404から
(2016/8/12 06:47時点)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング