わたしは元、グチ王国の住民です。




会社の人から言われた

何気ない言葉に傷ついたり。。。




友人のある行動を、「非常識だ!」と

許せなかったり。。。




そんなとき、わたしはよく母にグチっていました。




母は、常に私の「味方」をしてくれました。

だからわたしは母には何でも安心して

話しができた。




母も、わたしの辛さを理解してくれている。

母も、わたしが正しいと同意してくれている。

私は間違っていないんだ。




そう思っていました。




ある日の事。

いつものように、友人の理解できない行動に

いらだちを感じた私は、いつものように

母にグチを聞いてもらっていました。




ひととおり、話し終わったあと。

母から言われたひとことは、




「別に、ららが気にすることじゃないでしょ。ほっておけばいいじゃない。」

「そんなに周りの事ばかり気にして・・・ららはいつも大変だね。」

「いつもグチばかり言ってるよね。」


どんより



いつものやさしい言葉とは違うものでした。

わたしはこのひとことに、

大きなハンマ-で頭を殴られたような

ショックを受けました。




そしてその後、

自分がものすごく恥ずかしくなりました・・・。




わたしは、自分は正しい!と思っていて。

自分の考えを母に話しているつもりだった。




そうなんです、自分ではグチを言っている

という自覚がなかったんです・・・。




そして、母に不快な思いをさせているという事にも

まったく気が付いていなかった。




いまはほんとうによく分かるのですが、

グチって、しょっちゅう聞かされていると

(またか・・・。いつも同じこと言ってる・・・。)と。

ものすごく不快な気分になりますよね。




感情移入しやすいタイプだと、

(実はわたしはこのタイプ。)

まるで自分が被害者になったかのように

怒りを感じてしまうときもあって。




だから、グチを聞いている方は、

ものすごくパワ-を吸い取られるのです。




わたしはグチ王国の住民の時。

そのことにも、全く気が付いていませんでした。





グチを言っている張本人、自分がグチばかり言っている事に気が付いていない場合が多い!




母に「グチばかりいっている。」言われたときは、

サ-っと血の気が引くほどショックでしたが、、、

のちのち、ものすごく自分のためになりました。

言ってくれてありがとう、と思えます。




ですので、いまは。

夫のグチが気になるレベルの時は

「あなた最近、グチばかり言っているね~」

と、サラリと伝える時もあります。




夫も、私と同じく、

自分がグチを言っているという自覚は

ありませんでしたから。

最初は(えっ?!)という表情と動揺が

隠せませんでしたが。




さいきんは、じぶんでも自覚があるようで、

まずは自分の中でグチを消化しようとしている

様子が見られるようになりましたね。

そんな姿、ちょっとかわいかったりします。




あ。そういえば、、、

以前と比べると、グチの回数も減りました♪

そして、グチった後は

「またグチっちゃったね。」

「いつも聞いてくれてありがとね~悪いね。」

と言うようにも。(ちょっとした変化なのか?)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




母はきっと、私に何かを教えたくて言ったのではなく、

グチばかり聞かされているのが嫌になったから。

だから自然と口からこぼれた言葉だと思うんです。




そういう言葉にこそ、

あんがいチカラがあったりするもの。




ショックなことを言われた、と感じたら。

(ひどい!最低!もう口聞かない!)

だけで終わらせるのではなくて。




自分を見直すきっかけと

受け止めることができたら・・・

なにか見つかるかもしれない。




人は人と接しているからこそ

分かることもたくさんあるんですね~




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング