せんじつ、久しぶりに前職の仲間と

集合しました。



とてもリラックスできて、

変な気も使わなくて、

たくさん笑って

たくさん突っ込んで

たくさん突っ込まれて





ほんとうに楽しい夜だった。

嫌な気分に、いっさいならない夜だった。

別れた後、すぐに

「また会いたいな。」

そう思える、そんな夜だった。


お月さま



家に帰り、顔を洗っている時に

ふと、気が付いた。



「そういえば、ひとつも

グチや不平不満。誰かのジャッジ。

不必要なアドバイスのない夜だったな。」




・・・って。



中年女性が数人も集まると

・夫や家族のグチ。

・ママ友とのトラブル。

・子供の自慢。

・会社への不平不満。

・からだの不調。

などなど、どうしてもネガティブな

会話が幅をきかす。ドキッ。



そして、求めてもいないのに

「こうしたらいいんじゃない?」

「ここを直してみたら?」

・・・と。不必要なアドバイスが始まる。



その結果、別れた後ドッと疲れを感じたり。

またグチっちゃったな・・・

また余計なこと言っちゃったな・・・と

自己嫌悪に陥ったり。。。

(もうしばらく会いたくないわ~)

と思うときも、ある。



この日はまったくそんな感情はなかった、

リラックスできた夜だった。



みんなに共通していることは

「物事の良い面を見ることができる。」

ということ。

会話の節々で、それは感じる。



じつは私以外のメンバ-は、

独身時代からそうだった。

そのなかで、私はいつもなにかに対する

不平不満をいっていたり。

お金がないと言っていたり。



今思うと当時、わたしとみんなとの

波動は合っていなかった、ということだ。



そういえば・・・

仲は良かったが、常に一緒にいる、

という訳ではなかった。



いまは色々な法則を知り、

物事の良い面に意識を向けることが

出来るようになってきたから、みんなといても

違和感を感じたり、疲れを感じることが

ないのかもしれない。



あの頃の私のままだったら・・・

(なんでみんな、グチ言わないの?)

(我慢してんじゃないの?)

そして、最後には

(・・・グチばかりの私って・・・ダメダメじゃん・・・)

と。自分を卑下していたかもしれない。



良い習慣を。

地味~に続けていてよかったと

そう思えた夜だった。



グチを吐き出すことが悪いのではなく、

グチばかり言っているだけでは

いつまでたってもいい気分にはなれない。

そう思うのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング