先日、久しぶりに会った
親戚数人の前で。
夫がとつぜん
「俺がおごるからみんなで
ご飯食べに行こう!」
と言い出しました。



るるる~




久しぶりに会った親戚たち。
甥っ子姪っ子を夫はとてもかわいがっていて、
久しぶりに会えてかなりごきげん♪



気分が良くなったのか、
夫はとつぜん
「みんなでごはんを食べに行こう!俺がおごる。」
と言い出したのです。



夫が、おごる。



その言葉の意味するものは
我が家の家計からお金を出す。
ということ。



夫はときどきこんな風に
とつぜん仲間や親戚の前で
「今日は俺がおごる!」と言い出します。



もちろん、わたしに相談なんてありません。
そんな間もなく、思い立ったら口にしますから。
以前の私はこんな時、



(俺がおごるって?あなたお金持っていないじゃない!けっきょくお金を出すのは私でしょ?まったく冗談じゃないわよ!どこにそんなお金があるの?お金ないわよ!)



・・と。心の中でプンプン!
周囲はその殺気を嗅ぎ取って
「・・・奥さん、怒ってるよおおおお~」
なんて言われる始末。はい、鬼嫁登場です。



でも、この日はすんなりと受け入れる
ことができたんです。
なぜ?って。



お金は上手に循環させてこそ意味がある。



そもそもお金は天からの預かりもの。
上手に循環させてこそ
価値が出るモノ。



そのことを全く知らなかった私は
とにかく、お金を手元から出さないように
使わないように、循環させないように、、、
そればかり第一優先で考えてきた。



だからこんな風に夫がとつぜん
「お金を使いたい!」
と言い出した時。わたしはいつも
不機嫌になっていた。
今でもいっしゅん「ドキッ!」っとする。



でもいまは、
「これはお金のリハビリがきた様子・・・」
と思うことにしている。



そして、これは上手に循環できる
お金の使い方なのか?と
考えてみるようにしている。



上手に「循環」させるお金の使い方って?



お金は回すもの、というならば
じゃあ毎日外食でもいいじゃない、
自分の欲しいものだけ買えばいいじゃない。
・・・
という事ではないようで。



たとえば、まわりの人たちが笑顔に
なれるようなお金の使い方。
それがお金をうまく回すという事。



そこを基準に判断すると、
自然と気持ちよくお金を流せるように
なってきた。



今回もそうだ。夫が、
「みんなにご馳走したい!」
といいだしたとき。
一瞬ドキッとしたけど・・・
そのあとすぐに、



「そうだ、お金は気持ちよく循環させるものだった。」
「使っても、また入ってくるものだった。」
「甥っ子姪っ子が笑顔になれるお金の使い方ならいいじゃない!」



と思えた。
だから気持ちよくお金を
送り出すことができた。
夫も私が嫌な顔をせず、
お金を出していたのでご機嫌♪



そもそも家のお金は
私だけが稼いだものではない。
夫の働きがあったからこそ
いま、こうしてわが家はお金を
手にできている。



夫が誰かのために使いたい!
そう思ったなら、
夫にもお金を使う権利は
もちろん、ある。



わたしはすぐに、ここを忘れてしまうのだ。



お金のリハビリ♪
またひとつ、できました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング