さいきん読んでいます、コチラの本。

ウォ-ル街の金融マンも学んでいる お金持ちになる心理学  

著/和泉 昭子


本


楽天↓

>お金持ちになる心理学 [ 和泉昭子 ]

価格:1,512円
(2017/2/16 14:10時点)
感想(1件)




アマゾン↓

ウォール街の金融マンも学んでいる お金持ちになる心理学

新品価格
¥1,512から
(2017/2/16 14:11時点)





この本にちょっとおもしろいことが

書いてありました。



お金を得る手段は「働く」ことだけじゃない!



著者の和泉さんは、お金を得る手段として

自分が働くことばかりに力を注いできたそうです。

・・・でもこれ、ほとんどの方がそうですよね?



私もずっと「お金を得るには自分が働く。」

それしか方法はないって思ってきた。

もっとお金を得たいならば、

もっともっと働くしかない!

・・・と。思い込んできましたから。



そんな和泉さん。

最近はお金を得る他のル-トも開拓

しているそうです。そのルートは

お金を増やす「投資」だったり。

自分が働かなくてもお金が入る

「仕組みつくり」だったり。



そんなル-トの中で

衝撃的だったのがコチラの手段↓



「おねだり」してみる。



ちょっと、衝撃的じゃありませんか?このルート。

でも、ああ。それもありなんだ、とも思えました。



例えば住宅を購入しようとしたとき。

「住宅資金贈与制度」を使って資金援助

してもらうとか。身近な所では、

バッグやご馳走をおねだりしてみたり。

といった具合です。



和泉さんはこれまで、人に(親にも)モノをねだる

ということは、ほとんどなかったそうなんです。

それは、欲しいものは自分で手に入れる。

自分の事はじぶんでやるべき、と

思い込んでいたから。



その裏には、

「大人になって人にねだることは

恥ずかしいこと。」

「モノをねだるのは、卑しさのあらわれ。」


というビリ-フ(思い込み)があったから、

だそうなんですよね。



でも・・・その思い込みをちょこっと緩めて

なんでも自分ひとりで抱え込むのでなく、

だれかに頼ってみたら・・・



「意外とすんなり助けてもらえることが

わかった。」そうなんです。



ああ、なんかわかるなあ~って。

共感しちゃいました。



誰にでもビリ-フ(思い込み)ってあります。

その思い込みのお蔭で頑張れることも

あれば、逆にその思い込みが、何かを

得ることを邪魔しているときもある。



この歳になってくると、邪魔していることの

ほうが多かったりするんですよね。



それはお金だけじゃなくて、例えば家事。

たとえば育児。たとえば友達付き合い。

たとえば夫婦関係。たとえば親子関係。



大人になればなるほど、そのビリ-フは

強固になっていって。気がつけば、



「こうでなくてはならない!」

「わたしがやらなくちゃならない!」




との思い込みで、自分をガッチガチに

縛りあげて、息をするのが苦しくなってくる。

すこしずつ、自由が奪われていく。

気がついたら、出来ないことが増えていて

だんだん生きにくくなっていく。




全部手放すことはしなくても、

すこ~し、緩めてあげるだけで。

呼吸がとても楽になることもある。



だから時には、だれかに。

なにかをおねだりしたり。頼んだりしても

いいかな、って。思いました。

人に何かを頼むのが苦手な私に

ぐっと突き刺さった、和泉さんの本。

おもしろいです。



自分のビリ-フ(思い込み)を確認できる

ワ-クもおすすめです♪




ウォ-ル街の金融マンも学んでいる お金持ちになる心理学  

著/和泉 昭子

楽天↓

>お金持ちになる心理学 [ 和泉昭子 ]

価格:1,512円
(2017/2/16 14:10時点)
感想(1件)




アマゾン↓

ウォール街の金融マンも学んでいる お金持ちになる心理学

新品価格
¥1,512から
(2017/2/16 14:11時点)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング