我が家は夫婦そろって

契約社員でした。

(昨年、夫は正社員になりました。)

給料、ボ-ナス、福利厚生。

正社員の人たちとは雲泥の差。

もちろん、企業年金も退職金もありません。



一応厚生年金には加入していますので

将来もらえる年金は国民年金だけよりは

多くもらえますが、それもこれからどんどん

減らされていくだろうと誰もが言うし。



まして日本は人口がどんどん減っていく・・・

数少ない現役世代がたくさんの高齢者を

支えることになる。そもそも、人口が減れば、

日本経済は徐々に力を失くしていくと予想

できる・・・。



こんな情報ばかりが耳に入ってきますから

私は将来が、老後が不安でしかたありませんでした。

それはわたしだけじゃない、今の日本には

将来に不安を抱えている人がとても多い。



じゃあ、不安を解消するためにどうしたらいいか?



と考えた時。一番最初に浮かぶのは

「もっと節約しなければ。」

ということ。私も数年前まで節約の鬼!

でしたね。とにかくお金を使わないこと!

これがいちばんでした。



小遣いも減らし、趣味もやらず。

外食もほんとうに時々だけ。

さむくても暖房は出来るだけつけず

お風呂の水も最後まで使い切る!



・・・と。こんな感じでお金を貯めようと

していました。しかし、やりたいことを我慢

して生活を切り詰めてばかりでは。

やはりどこか虚しさがあふれてくるんです。



こんなに小さな支出を気にしていたのに

洋服はバンバン買っていたりね。

抑え込むだけではだめだ、ということ。



そりゃ無駄遣いは削った方がいい!

ただ、そこだけに執着してお金を貯めようと

しても、限界がある。。。



支出を見直したら、つぎはお金を

稼ぐことへも意識を向けてみる。




いまは、「お給料は上がらない」とか。

「非正規社員や中小企業は厳しい!」と

言われていますが、そうとも言い切れない。

実際我が夫は47歳で正社員になれましたし

わたしも非正規社員ですが、基本給は

ここ数年毎年あげてもらっています。



そして、本業だけでなく副業でもお金を

稼ぐことはできます。まして、時間に余裕が

ある非正規社員だからこそ、副業をもっと

視野にいれて稼ぐ方法を見つけてもいい。

そういった面では有利なんですよね。



とはいっても、自分自身が

「私はこれ以上お金は稼げない。」

と決めつけていたら。

お金を稼ぐ、増やす方法は耳に入って

こないことでしょう。じっさい私もそうでした。

思い込みって、ほんとすごいです。



私は和泉さんの本を読み、お金に対する

ネガティブな思い込みがとっても強固だった

と思い知らされました。


本




まずは、この思い込みを外すことから!

潜在意識下にあるお金に対するネガティブな

イメ-ジをポジティブなイメ-ジに置き換える事。

・・・と書くとなんか難しそう。

でもそんなことはないですよ。

かんたんに出来るワ-クがたくさん

載っています。



こちらの本がきっかけで、わたしは

「お金と共働き」という発想をもっと

取り入れてみようかな?って思える

ようになりました♪



お金持ちになる心理学 著/和泉昭子


楽天↓

>お金持ちになる心理学 [ 和泉昭子 ]

価格:1,512円
(2017/3/30 06:42時点)
感想(1件)




アマゾン↓

ウォール街の金融マンも学んでいる お金持ちになる心理学

新品価格
¥1,512から
(2017/3/30 06:43時点)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング