初めて買いました雑誌。

「THE21」(ザ・ニジュウイチ)


21



こちらの本に稲盛和夫さんの

インタビュ-記事が載っていました。

タイトルはそのインタビュ-記事の中の

稲盛さんの言葉です。



「人間として何が正しいのか?」



稲盛さんは27歳の時京セラを立ち上げた

そうですが、経営についてはまったくの

初心者。それでも経営者として日々さまざま

な経営判断を下さなければならない・・・

そんな時、稲盛さんは



「人間として何が正しいのか?」



を判断基準にしてきたそうです。

経営者としてはついつい利益ばかりを

判断基準にしてしまうそうになりますが、

稲盛さんは

「もし利益ばかりを判断基準にしていたら

いまの京セラはなかった。」

と。



ここ最近、「好きな事だけして生きていく」

とか。「嫌いなことはやらなくていい。」とか。

色々な生き方がSNSで発信されたり本に

なったりしていますが、そういった生き方を

じょうずに実現している人も実はこうした

「哲学」をしっかりと持っている方

、なんですよね。



なにも知らない私は、ついつい表面だけ

しか読み取らず、好きな事だけすればいい!

物を捨ててスッキリすればいい!

嫌いなことはやらなくてもいい!

と受け止めてしまいますが、じつは違う。



「私が、私が」と。自分の利益や成功だけを

考えていてはうまくいくはずもない。

それは冷静に考えればだれでもわかる事。



けっきょく、自分だけの狭い視野で何かを

成し遂げようとすることは無理だという事。

もっと広い視野で物事をみて、自分の行動が

社会全体が良くなっていくことにつながっているか?

そんな風に考えられる哲学を持ったうえで、

好きなことをしていく。それが、「大きな結果」に

つながっていくんだろうな。



どんな生き方にも素晴らしい「人間性」が

なくては成り立たない。そこで大切なのが「哲学」


「哲学」というと難しく思えるが、稲盛氏は

「人生観や価値観。『人間として何が正しいのか』

『人間は何のために生きるのか』という自分なりの

答えでいい」と。


哲学ってそんなに重苦しいものじゃない。

人として・・・と、哲学を言葉にすると

きれいごとだとか言われそうですが。

でも、仕事だけじゃなく、普段の生活の中で

この「人として」という哲学が答えを出して

くれることって実に多い。例えば、



・困っている人を見かけた時。

・ウォ-キング中に空き缶が落ちていた時。

・お会計でお釣りが多かったとき。



など。こんな時、黙っていようか。それとも・・・

と迷うことはありませんか?けっきょく答えを

出してくれるのは「人としてどうなんだろう?」

という問いかけなんですよね。

(みなさんも身に覚えがありませんか?)



「哲学とは迷ったの時に立ち返る原点の

ような役割を果たしてくれる。」

とは、まさにそんな時ではないでしょうか?

こんな場面に「人間性」って出ますよね。



最後に

自分なりの哲学を身につけるにはどうしたらいい?

という問いに稲盛氏はこう答えています。


やはり、良書を時間をかけて良く読み、

勉強するしかない。



ますます読書が好きになりそうです♪


THE21(ザ ニジュウイチ)


楽天↓

THE 21 (ザ ニジュウイチ) 2017年 05月号 [雑誌]

価格:629円
(2017/4/15 08:20時点)
感想(0件)




アマゾン↓

THE21 2017年 05 月号

新品価格
¥630から
(2017/4/15 08:21時点)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング