先日、からだを痛めまして。
急きょお休みを頂きました。


有り難いことに、上司も同僚も、
実に快く休ませてくださいました。


時々こんな風に、仕事を突然休むこと
もあります。(^-^; そんな時、こうして
気持ちよくお休みさせてもらえるのは、
ほんとうに有り難い・・・

感謝

(ございます。)


ですが以前は、急に「休みたい」とか。
予定があり有給を申請するとき、上司に
嫌な反応をされたり、申請を却下されたり。
なんとなく、イヤ~な雰囲気を感じることが
多かったんですよね。


なんで私だけこんな対応されるの?
有給とっちゃいけないっっつ-の?
自分は自由に取っているくせに!!


と、頭に来ることも多かったです。が。
・・・今振り返ると、逆の立場になった時。
自分が、そう、思っていたんですね。


上司が「休む」と言い出したら
(え?休むの?誰が仕事のフォロ-すんの?
って、私じゃん!マジかよ~休まないでよ~
仕事ふえるじゃないのよ!)
って思っていましたから。。。


何が言いたいのか?と言うと
けっきょく人は


「自分が出したもの」が返ってくる。


ということ。わたしが気持ちよく上司や
同僚の突然のお休みに対応できるように
なったら、周りの人たちも同じように、
気持ちよく対応してくれるようになった。


自分が出したものが返ってくるようになった。
そうだ、自分が出したものしか返ってこない。
ただ、それだけのことなんでしょうね。


こんな所にも、シンプル思考の影響が
出始めているなあ~と気が付いた、


「アラフィフ体を痛める。」


の巻き、でした。感謝です。
さて、今日は何を出そうかな?
不平不満?それとも、、、感謝?
どっちがいいかな~?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング