母が入院し、父が困ったことが

あります。それは、



キャッシュカ-ドの暗証番号が分からないから、現金が引き出せない。

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!



実家の家計簿は昨年から父が管理する

ことになりましたが、口座からお金を

引き出すのは母の担当だったようです。



暗証番号を知っている母は、現在あちこちへ

「記憶の旅」をして留守にしていますので

連絡がつきませ~ん。(*^_^*)



さて、困りましたね~どうしましょ。

でもだいじょうぶ。



本人名義の口座の場合、キャッシュカ-ドの

暗証番号を忘れてしまったら、本人が銀行の

窓口へ行けば、カ-ド再発行ができますから。



父と母。お互いのお給料や年金の振り込み先

口座を、それぞれ本人名義の口座に分けて

管理しています。



ですから、暗証番号を忘れてしまった場合、

本人がカ-ド再発行手続きをすれば新しい

カ-ドが発行され、暗証番号も新たに設定

できますよね。



父もそのような手続きをし、無事に現金の

引き出しができるようになりました。

よかった。



今は、夫婦それぞれ口座を持ち、お金の管理

をしている家庭がほとんどだと思います。

ですから、どちらか一方が倒れても現金の

引き出しができない!と困ることもそんなに

ないかと思います・・・が!



ひとつ気をつけておいたほうがいいな~と

思うのは、一方の口座だけにお金を偏らせて

しまうこと!(笑)



これ、以前の私の話しですが・・・

結婚してから夫婦二人で貯めたお金。



全部、私の口座で貯めていました!



当時は口座を複数持ち、老後資金・すぐに

使う目的のある貯金・その他(?)と

貯金の目的別にお金を貯めていたので、

お給料が入ると、各口座へ振り分け管理

していたんですね。



その目的別貯金管理口座の名義、すべて私のものでした。



だから夫の口座は住宅ロ-ンの引き落とし

がすむと、いつもスッカラカン・・・。

ところがある日、ふと思ったんです。



もし私が急に死んだら・・・。夫はお金が引き出せないじゃないか!



って。口座の名義人が亡くなったらその口座

は凍結され、現金の引き出しができなくなり

ますよね。こりゃまずい・・・。



それから、夫の口座にもある程度の現金を

常に入れておくようにしました。そして、

キャッシュカ-ド・通帳の保管場所と暗証番号

も、年に数回。口頭で伝えています。



暗証番号はメモに残しておくと、万が一

盗難にあった場合、引き出されてしまっても

保証されないと聞いたことがあるので!

ぜったいにメモには残しません。



そのためにも夫婦別の口座を作り、口座に

入れておくお金もそれぞれ困らない程度に

振り分けています。



本人名義の口座なら、暗証番号を忘れたり

印鑑をなくしたとしても再発行等、なにか

手続きをすれば何とかなりますからね♪



縁あって結婚できたので・・・

夫婦お互いができるだけスム-ズに

生活できるように、環境を整えること。


夫婦



お金の面でもそれは実に大切だな~って

思っています。(自分だけ良ければいい)

と思っているうちは、相手にも同じように

思われているものですよね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました   
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング