先日、自分のコンプレックスのことを

書きましたが。ブログには書けるのに

じっさい、なかなか本当の気持ち・悩みって

周りの人には言えないものですね~。



(自分の顔がデカイ!とか。足がデカイ!とか。

ニキビの跡が目立つ~とか。ぜんぜん平気で

言えるのに。20代の頃はこれもコンプレックス

でしたよ~)



それなのに。でも、誰かに聞いてほしい・・・

って気持ちも沸いても来るんです。で、そんな時

ちょっとでも自分の気持ちを解放すると、その後

とっても気分が軽くなるんです。



ただ、話す相手に重荷になるのは自分が嫌なので。

かるい感じで話しをします。が。



本心って、なんとなく伝わってしまうものですね。



そんなに気にしていないんだけどね~って

な体で話しても、相手は気持ちを察してくれて。

その時の精一杯の「応援」をくれるんです。



ハ-ト


(フレ-フレ-!って)



以前はこんな風に、懸命に隠していた自分の

本音を悟られるのが恥ずかしくて。カッコ悪くて。

せっかく頂いたアドバイスや応援を、自分から

「そんなのいらないし!私はへっちゃらよ!」

って、つっぱっていたなあ。



無駄なプライドがあったんでしょうね。

さらに内向的な私ですから、周りが自分をどう

思うか?どんな風に見えるのか?



そればかり考えてしまい、余計弱みを口に

できない体質になっていきました。



今回も、久しぶりにそんな自分が現れて・・・

自分で自分の首を絞めていました。

でも、誰かに自分の本音を話したくなって、

聞いてほしくて。母に、話しました。



一緒に母の靴下を買いに行った帰りの車の中で

ほんとサラッと。言葉にすると30秒ぐらい。

ぽそっと、話したんです。



母も、もちろん私の「それ」を知っています。

ただ、私がそこまで悩んでいるとは知らない

だろうと思っていました。



でも、もしかしたら。母は私が悩んでいることを

気が付いていたのかもしれない。

わたしの30秒の言葉の後。母は母なりの励ましの

言葉を倍以上くれました。嬉しかったな~。



ただ、いわゆる「言語」として

わたしが理解できたのは、最初の数文字だけ。

今の母は、考えていることを脳で言葉に変換しよう

とすると、全く違う言葉が出てきてしまうんです。

母の言葉のほどんどが理解できないので

家族はいまや、連想ゲ-ム状態です。



それなのに。この時の言葉には・・・

言葉と言うよりも気持ちが伝わってきた感覚

ですね。を、味わうことができた。



ありがたいな~って心から思いました。

母があの時、あちらの世界に行ってしまったいたら

こんな経験はできなかったんだもんね。



ありがとうって母に伝えたら「うん」と

母も答えてくれました♡

(その後、めっちゃくちゃ自己中でしたけど)



言葉ってとても大事だけど、言いたいことが

じょうずに言えなくても心からの気持ちって

相手に伝わる物なんだな~やっぱり「波動」

ってある!と実感したできごとでした。



母の障害って、一見障害を持っているとは

分からないんですね。自分で歩いたりトイレに

行くことはできるから。だから、家族はついつい

以前と同じ母の姿を求めてしまいがち。。。



私達家族も初めてのことですから。

色々な感情を経験を味わっています。

私達は神じゃないですからね~。

時々そんな事も、書いていこうかな~。(^O^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。
ランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます。らら。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング