久しぶりにウルっとする本に

出会っています。こちら、


愛



愛で飯が食えるかって?愛でこそ食えるんだよ 人生を幸せに導く次元を超える経済学 著/金城幸政


楽天⇓

愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ 人生を幸せに導く次元を超える経済学 [ 金城幸政 ]

価格:1,620円
(2018/3/29 05:46時点)
感想(1件)




アマゾン⇓

愛でメシが食えるかって? 愛でこそ食えるんだよ

新品価格
¥1,620から
(2018/3/29 05:47時点)




自分を尊いと思えたら、尊い生き方が始まる。それが愛の経済学 (P271)

自分が尊い存在でなければ、人生に尊いものは存在しない-

これは、自愛の基本です


「まず、自分を愛しましょう。自分を好きになりましょう。自分は価値がある人間だと知りましょう。そうすればお金は後からついてきます」。



これ、たくさんの本に書いてありますよね。

でも、自分を愛するって何?

自分を好きになるってどういうこと?

分からない・・・と迷う部分でもあります。

私もいまだ、忘れてしまう時があります。



本にはこう書いてありました。

自愛とは、

自分にていねいに生きよう

自分の本音で生きよう

自分に尊い経験を与えよう

自分を幸せにしよう

というふうに自分にたいして愛を持つことです。

自愛の対極にあるのは、

波風立てずにうまくやり過ごせばいいと

自分をごまかしたり。損得勘定で物ごとを考え、

自分だけが得をすればいいというような利己的な生き方です。

自愛がある人は尊い自分にふさわしいものを買いたい

愛おしい物を手にして、愛おしいものに囲まれたい

と思います。



でもそれは、ブランド品で実を固めたり、

高級レストランでワインを飲むような贅沢ではありません。

本当にクオリティの高いものを経験するために、お金を使うという意味です。


この部分が本当に理解できないと、

いつまでたってもお金に人生にたいする

不安とか。貧乏性が抜けないんだって、

金城先生の本を読んで、ひさしぶりに

思い知らされました。。。



貧乏人って、お金がない人のことじゃない。

お金がないと貧しい、お金さえあれば幸せ、

そう思っている心の貧しさの事。



だから、自分はお金がないからこれぐらいの

物しか買えないと思う。つまり、

=自分の対するイメ-ジが貧しいこと。



高価な物が買えないんじゃない、

高価なものを与えるだけの価値が、自分には

(家族には)ない!って思っている事。



それが、「自愛」を真に理解するようになると

尊い自分のために、尊いものを与えてあげたいという動機でお金を使うようになるのです。

これが、尊いものを持つ人の経済学です。



こちらにはそんな「愛」について

「お金」について、「真理」について

書いてありました。

何度も繰り返し読み倒していこうと思います♪



愛で飯が食えるかって?愛でこそ食えるんだよ 人生を幸せに導く次元を超える経済学 著/金城幸政


楽天⇓

愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ 人生を幸せに導く次元を超える経済学 [ 金城幸政 ]

価格:1,620円
(2018/3/29 05:46時点)
感想(1件)




アマゾン⇓

愛でメシが食えるかって? 愛でこそ食えるんだよ

新品価格
¥1,620から
(2018/3/29 05:47時点)





今日も素敵な一日を。ランキングに参加しています。ぽちっとしてもらえたら嬉しいです↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング