ずっとずっと
「将来」や「老後」を気にして
生きていました。


将来や老後が心配だから、
お金を貯めようと思いました。
老後のために貯金してきました。


なぜ、老後が心配でお金を貯めたかったの?
それは、老後も安心して無事に
生きていきたいから。


安心して生きるにはお金が必要。
お金があれば、ご飯が食べれる。
光熱費も払える。
病気になっても治療が受けられる。
生きることが出来る。だから、
お金が欲しかったです。


そうなんです、わたしのお金が欲しい
その目的は、「生存」でした。


でも・・・
人は永遠には生きられません。
お金を得る目的が「生存」だとしたら。
それは、永遠に叶わない望みなのです。
これは、金城幸政先生の愛メシを読み
気付かされたことです。


「愛で飯が食えるかって?愛でこそ食えるんだよ。P118~」


生きる目的が「生存」になると、すべての不安が成立する。

なぜ「やりたいこと」と「お金」はイコ-ルじゃないのでしょうか?
それは、(中略・・・)生きる目的が「生存」になっているのです。
だから、生きるためにはお金が大事・・・という価値観になってしまうのです。
でも残念ながら、みなさんは生存できません。あと何十年かすれば、みんな100%、死にます。「生存」に一番の価値をおいても、どうせ死ぬのです。

人は生存するために生きているのではありません。愛を経験するために、やりたいことをやるために、人生はあるのです。


死ぬまでに、お金に困らないで安心無事に生きられればいい。それで十分。


たくさんの人がそう思っている。
私もそう思ってきました。だから、
貯金をする。老後資金を貯める。


起きてもいない不安のことばかり考えて
その不安対策のためにお金を貯めてきた。
ただ、根っこにある私のフィルタ-は
変わっていないので、
いくらお金を貯めても不安は消えない。


お金=生存だけが目的になってしまうと、
貯めたお金を使うのが怖い。そうして、
不安を抱えたまま。やりたいこともやらず
たくさんのお金を残し、一生を終えるの
かもしれない。


実はわたし、以前はそれでいいって
思っていました。不安対策のためにせっせと
貯金をし、心の安定を得る。そうして、
お金を残してあちらの世界へ戻ったとしても、
それでいい!と。


でも、さいきん
疑問にかんじるようになりました。


お金を使って自分がしたいことをするように
なって、その時自分の心が、ものすごく
躍動することを知ったから。
誰かの喜びのために、わずかでもお金を
使うと、それはもっと私の心を震わせる
と知ったから。



!



喜びって、こういうこと。
豊かさって、こういうことなんだな~。
(こっちの方が、全然いいですね)。


将来や老後。安心無事に生きるのも大事。
それは、きっと。将来もやりたいことをする
ために、ある程度のお金を作っておきたい
ってこと。


つまり、本当はいくつになっても
人生を楽しみたいって思っているんだ。
そのために、お金が欲しいんだ。
色々な経験をするために、大切な人と
関わり合い、喜びを分かち合うために、
お金が欲しいんだ。


生きる目的を「生存」から「愛」にシフトしていきましょう。そこに、あなたが求める本当の豊かさが存在しています。

愛で飯が食えるかって?愛でこそ食えるんだよ  著/金城幸政

楽天⇓

愛でメシが食えるかって?愛でこそ食えるんだよ 人生を幸せに導く次元を超える経済学 [ 金城幸政 ]

価格:1,620円
(2018/4/25 05:39時点)
感想(1件)




アマゾン⇓

愛でメシが食えるかって? 愛でこそ食えるんだよ

新品価格
¥1,620から
(2018/4/25 05:40時点)





「愛」って、慣れないと照れくさい
し、大げさに聞こえちゃいますが。
その照れが、私を不自由にしているって
ことにも最近気が付きました。
だから、照れは取っ払おうっと!


愛を感じながら、今日も素敵な一日を♡
ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング