仕事を選ぶとき、

何を基準にして選びますか?

私は、いつも、お給料の額で

選んできました。



特にやりたい仕事は、ありませんでした。

でも、やりたいことはありました。

それはね、



お金をたくさん使うこと!



早く働いて、自分でたくさんお金を稼ぎ

そのお金を使って自分の好きなモノを

好きなだけ買う。それがしたかった。



その願いは叶い、私は19歳から働きだし

お金を稼いで、自分の欲しいものを

たくさん買いました。



でも、念願かなって、お金を稼ぎ

自分のためにじゃんじゃかお金を使っても、

なかなか満たされなかった。



(※私の場合、それが本当に欲しい物

じゃなかったという、根本的な部分に

「勘違い」があったから。



周囲の人に差をつけたいがために、

流行りの服を買い、それで、スッカラカン

な中身を隠していた。満たされない中身を、

流行の服で隠していたのでしょうね)。




満足感を求めて・・・

使う額はどんどん膨らみ、それは

あっという間に、収入の範囲を

超えていきました。



だから、借金をしました。

そのお蔭で、買いたいものがもっと買えた。

でも、いつも不安と焦りが付きまとった。



口座にお金がなく、常にマイナス。



これは、本当にメンタルやられます。

焦り・不安・緊張・劣等感・イライラ。

今なら分かりますが、これは「低い波動」。



無理な借金までして買い物をしても

低い波動しか出ていなかった。。。だから

幸せを感じられなかった、ということ。



こんな風に、いくつかの要因が重なり

わたしは自分のためにお金を使って、

欲しいものを買っても、喜びは続かなかった。



そんな20代~30代を過ごし、

40代の初めに「お金の法則」という

本たちに出会いました。


本



そして、今まで自分がやっていたことは、

ほとんど、自然の法則に逆らっていることだ

と知りました。



しあわせになりたい。

お金の不安から解放されたい。



そう願っていたのに、それとは真逆の

ことばかりずっとしていたのです。



本の中には、お金が本当に喜ぶ使い方

という項目もありました。そこには、



「お金の本当に喜ぶ使い方は、他の人のために使う事」



と、書いてありました。

その為には、まず、自分を満たしましょう

とも書かれていました。



自分を満たしていないのに、他の人の

喜びのためにお金を回す事は出来ない。



コップの水が例えによく使われますが、

コップの水は、まず自分を満たしてから

周りに溢れだします。自分を満たさない限り

周りに溢れだすことは、ないのです。



お金の使い方も同じ。



まず、お金を使って。

自分が本当に欲しいものを買い、自分を

満たす。私はここ、かなりチャレンジ

しましたよ!本当に欲しいものなのか?

何度も何度も自分に聞き、購入するように

トレ-ニングしました。



すると、あんなに次々とモノが欲しかった

のに、異常な買い物欲が自然と落ち着いて

きたんですよね。



結果、手元にお金が余るようになりました。

お金に余裕が出来たら、気持ちにも余裕が

出来ました。



そこでようやくそのお金を、思い切って

自分以外の人のために・・・回してみました。



喜びもありました!でも、見返りを期待する

ブラックな自分もいます。



ただ、お金を使う時は「喜びだけのせること」

と本に書いてあったので、見返りを期待する

気もちがある相手には、お金を回す事は

止めるようにしました。



そんなことを、何度も繰り返すうちに

お金を使う時に「ほんとに有り難いなあ・・・」

と、思えるようになってきました。



そんな私が今思う、

お金が本当に喜ぶ使い方。それは、そこに

喜びや希望しかないこと。

ですね。



自分のため、家族のため。

親戚や友人のため。そして、まったく

顔も知らない他の人のため。どんな場面で

お金を回すときも、そこに



喜び・希望しかない。



それが、お金も本当に喜んでいる時だと

思います。ま、回す本人が喜んでいるんだ

から、そりゃそうだわ~。当たり前のことを

書きました。でも、大事だなって思います。



今もまだ迷ったり。。。

判断をちょいと間違い、後悔するときも

ありますが、そのたびに自分を見直す習慣

も、続けていこうと思います♪



わたしが、喜んでいるか。

そして、わたしが希望をもって、回しているか。



今日もスペシャルな一日を。

ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング