実家の洗剤ストック置き場。

現在の写真です。

現在


これでも、ずいぶん減りました。

以前はこの倍以上!あったんですよ。

後ろの方には何があるのか見えないほど。

だから、数年前につぶれたス-パ-の値札

が付いたものとか、ありました。



ストック置き場のみならず、家中のあちこち

に、洗剤やら消臭剤の容器が置いてあるの

ですが、面白いことにそのどれもが、

中身が少しずつ、残っている状態。



お風呂場のシャンプ-も、化粧品も同じ。

なんで少しずつ残っているのだろうか?

と初めは不思議でしたが、その理由が

分かりました。それは、



「飽きちゃうから」。



これ、浪費グセのある人の共通点。

飽きっぽいのです(笑)。

買い物に行って、新しい商品を見つけると

ついつい欲しくなる。だから、買う。

すると、すぐに使って見たくなる。



以前使っていたものは、その後使われず

・片づけられず・放置され、家中のあちら

こちらに使いかけが散乱する。



在庫ストックも、新しいものをみると

欲しくなる。欲しい=いつか使う=必要!

と、変換されるので、今必要じゃなくても

買ってしまう。



浪費グセの激しい母を観察し、その仕組み

がなんとな~く、見えてきました。



今は、洗剤の在庫が切れそうになると

父が仕事帰りに買って帰るので、実家の

洗剤ストックがようやく半分になった、

って訳です。



在庫がモリモリないと嫌がる母。

ところが先日母に、洗剤ストックの棚を

見せたら「わあ、きれいになった~♪」

と、喜んでおりました。意外でした。

でもきっと本来、求めている物はこっち

なんでしょうね。



キレイ・スッキリ・ゆとり。

でも、必要な物はきちんとある。

そんな気持ちいい状態が、本当は好き

なのかもな、って思う母のひとこと。



おっと~。実家のことばかりじゃなく、

自分のこともしっかり見直そうっと!!!



今日もスペシャルな一日を。

ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング