数か月前、こんな時期を書きました。

目の前の幸運。掴み損ねた時どうする?



じつは、その後。

この講座、受けられることになったのです。

( *´艸`)



たった一日判断が遅れただけで

私はこの講座に申し込みすることが

出来ませんでした。



でも、そこに執着していても仕方ない!

また違う形でチャンスがきたら掴めばいい。

と思いました。



その反面、自分のできる事はしようと

キャンセル待ちに申し込みました。

そのとき、こんなメッセ-ジも書きました。



「講座当日、すでに年休を取っています。

キャンセルが出たら、いつでも参加できます。

連絡お待ちしております」



そのお蔭か?は分かりませんが。

数週間後、キャンセルがでました!と

連絡をいただき、無事講座を受けることが

できたんです。



その講座は結局わたしがいま、一番

期待しているような内容ではありません

でしたが、でも、知らなかった新しい

知識を吸収することができました。



それに関して、自分で色々と調べることも

でき、知らなかった世界や仕組みを知る

入口になりました。

参加できて、よかった!



で、このことから学んだのは

「失ったこと。

自分ではもう、どうにもできないことに

いつまでも意識を向けていたって

なにも変わらない」

ということ。



そんな無駄な時間を過ごすよりも

「じゃあ、今。

じぶんには何ができるかな?と

考えた方がずっといい」

ということ。



運のいいヒト




生きていると、手にしていたものが

スルリと、、、。手からこぼれ落ち、

無くなってしまうこともあります。



お金も、あんなに仲が良かった親友も。

わたしは失いましたし、皆さんもなにか

失ったものがあると思います。



でもですね、失うばかりじゃないですよね。

その後も、新しい出会いって、あるんです。

お金も、働けばまた入ってくるんです。



逃した運も、掴みに行くアクションを起せば

時には、こうやって再び手にできる。

だから、



とりあえず、
やってみっか♪




わたしがいま、わりと好きな言葉です。

( *´艸`)

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング