9月の給料明細が届きました♪

先月、すこし残業をしたので、今月は

手取りがアップしていました。が、

あれ?なんか思っていたよりも少ない気が

・・・・・・・あ☆そうか!

9月から、保険料が変わったんだ。



標準報酬月額で健康保険料と厚生年金保険料が決まる



会社員の皆さん、標準報酬月額って気にして

いますか?標準報酬月額とは、

毎月の保険料計算の基準となる金額

です。この金額に、それぞれ決められた税率を

かけて、その人の保険料が決まります。



この金額が増えれば、支払う保険料

も増えます。じゃあ、どうやってこの

標準報酬月額は決まるのか?といいますと、



4・5・6月の収入の平均で決まります。

(4月+5月+6月)÷3=標準報酬月額



たとえば、3月に働いた分のお給料が4月25日に

支払われる場合、じっさいは、

3・4・5月に働いた分の給料で計算します。



ですから、3・4・5月にたくさん残業したり

昇給したりでお給料が増えると、その分保険料

もあがる、って訳ですね。


るるる~




ちなみに・・・私が勤めている会社は、毎年

この時期がいちばん忙しいのです。

ふだんはほとんど残業がないのですが、

この時期だけ、残業や休日出勤が増えます。



そのぶん、お給料もたっぷり頂くのですが

「標準報酬月額」も増えますので、9月から

保険料が上がることが多いですね~。

ちなみに、今年は標準報酬月額が4万円も

アップしておりやしたぜ。



□お金のこと。知らないと損をする?!



職場の先輩は収入も多く、引かれる保険料も多い

ので、3~5月はできるだけ残業しないように

可能な範囲で、じぶんで調整しています。



3月にたくさん残業してしまったら、4月5月

はできるだけ残業せず、急ぎでない仕事は

6月以降にやる、と。



私もそうしたい所ではありますが、、、

先延ばしにできない仕事なので、ここはもう

割り切って!仕事をしています。



保険料をたくさん払えば、そのぶん年金額に

反映されますからね♪引かれる額だけに集中

してしまうと「損した!」って意識が強く

なりますが、その保険料や税金が何に回って

いるのか?を考えると、良いことしているな♪

とも思えますよね。気休めでも、いいんです。



じぶんにできる税金対策を取りつつ、

支払うものは、気持ちよく、きちんと払う♪



この標準報酬月額、会社員ならば誰もが

知っている・・・かと思えば、そうでもない。

職場の年下男子(30代)は知りませんでしたし、

40代の男性も知りませんでした。



年下男子にこの話をしたら、

「え~マジっすか?じぶん、その時期

めっちゃ残業しちゃいましたよ~」

「サ〇アク~」を、連呼しておりました。

「知らないと損しますね」とも。



でも最後は、

「ま、その代わり、なんか良い事ありますよね!

・・・ってことにします!」

と。相変わらずオモシロい(笑)



毎月の給料明細、皆さんチエックしていますか?

お金の流れを知ることは、大切ですよね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング