女40代。同年代の方たちと話して

いて感じること。それは、

みなさん、じぶんのル-ル(ものさし)

を、それぞれしっかり持って生きてる

ということ。




ただ、、、そのものさしは、

人それぞれだという事を、理解できている人

って・・・どれぐらいいるかな?



たとえば、

・職場のデスク上に個人持ちのスマホを

置き、仕事にはまったく関係のない、

LINEやツイッタ-をチエックして

仕事しない人。



・就業規則を守らないひと。



・仕事もしないのに、会社の経費が落ちる

ことだけには全力を尽くし、自分だけ得を

しようとするひと。



そういう人たちを近くで見ている、

「就業規則内は、仕事を全力でするもの!」

というマイル-ルを持っている人たちは

もうハラワタが煮えくり返る思いを

毎日している様です。

ストレス溜まりますよね・・・。



ですから、仕事ができる人は

間違いを正してやろう!相手にわからせよう!

私が変えてやる!とか思うわけです。



もっといくと、私が懲らしめてやる!

とか。お仕置きしちゃうぜ!とか

思っちゃうのです。



でも、けっきょく思う通りにはいかない。



だから、まいにちまいにち頭の中で、

悪人をぶった切る!妄想を繰り広げ、

それはどんどん事実を拡大させていき、

事実以上の悪者を創り上げ、その結果

嫌いな人がますます嫌いになっていく・・・。



という負のスパイラル。



私がもったいないなあと思うのは

「自分だけまじめに仕事しているのが損だ!」

と思う傾向があるので、せっかく仕事が

できる人なのに、全力を出したがらないこと。



ほんと、もったいないなあ~。



だから、有り余ったエネルギ-を

文句や愚痴を言うことで、吐き出している。




正義感が強いひとは、それがエゴへも

走りやすくなりますよね。自分は絶対

ただしい!間違っていない!と思う。

だから、ストレスはどんどん溜まり

顔もだんだん険しくなってくる。



美人なのに・・・。

ほんと、もったいない~。



アドバイスは求められていないから、

わたしは話しを聞くだけだけど、

聞いていてひとつ思うのは、



「みんな、自分のル-ルが、ある」

って、気が付けたら楽になるのになあ、

ということ。



たとえば、仕事中にスマホばかりいじって

いるひと。この人のマイル-ルは、

仕事は、生活するためのお金を稼ぐ場所

・・・でしか、ない!

なのかもしれない。



いかに自分だけが楽して得するか♪が、

マイル-ルのひとは、会社の経費で

最大限、じぶんだけが得しようとする。


ルールが、違いすぎるのだ。お互いの。


だから、自分のル-ルと違う人たちに

出くわしたら、間違いを正してやろう!

などとは思わず、ただ、

ああ、この人はこういう人なのね~と

思うだけにしたほうがいい。



そもそも、わたしたちに誰かを裁くこと

などできないし。それは、別の誰かが

してくれます、きっと。

ちなみにわたしは「神の仕事の領域」説を

取り入れています。コチラの本↓



神様貯金!

(P66~「なぜ、みやみに人を批判すると運気が下がる?」より)



だから、わたしは、理不尽な人や

できごとに出くわしイライラした時こそ

自分がいま、やるべきことに意識を向け、

それを淡々とこなす習慣を取り入れて

います。



間違っている!理不尽だ!と思う気持ち

とってもよく分かります。

私も長いこと、派遣社員でしたし、

今でも「契約社員」という立場で

正社員とは大きな差をつけられています。



(たとえば、わたしと同じ仕事をして

いても、正社員はボ-ナス100万近く

もらっていますが、私は10万円台です~)。



でも、そこに文句をいったとして、

何か変わるかな?わたしも、何十年と

さんざん文句を言いましたが、何も

変わりませんでしたね。



だから、そのエネルギ-を他に向ける

ことにしました。

ちなみに私は、「他に稼ぐ方法をみつける」

へ、エネルギ-を使うと決めています♪



その方がずっとずっと有効ですよ。



そして、我慢するだけじゃなくて

自分がやるべきことなら、きちんと相手に

伝えるべきことは伝える。



もし、部下を指導する立場であれば

仕事中スマホばかりいじっている部下に

指導するのは、その人がやるべきこと

ですもんね。遠慮することなく、上手に

伝えられたらいいなあ、と感じます。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。応援して頂けたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング