こんにちは

ゴ-ルデンウィ-ク。

充実した時間を過ごされましたでしょうか?

今日からお仕事の方が殆どでしょうね。

私もです!ふぁいと~!



今日は私がなぜ旅に行くのか?書いてみます。

なぜ旅に行くのか?それは、

「そこにたくさんの気付きや学びがあるからだ」


テンションあがる!



いぜんは旅の非日常感を味わうことでまた

この非日常を味わうために、日常生活

がんばろう!との”英気を養う”が目的でした

が、今回の沖縄旅行で感じたのは

「旅には日常生活では気が付かない

たくさんの学び・気付きがある」ということ。

だから私は旅が好きなんだなと思いました。



旅での良い事も、嫌なことも。

全部、私に何かを教えてくれる。

(夫とのモヤモヤも喜びもそうでした)



こんかいは地元で生活している方と

触れ合う機会が多い旅でした。

沖縄の人はなんだかいつも楽しそう。

そして、とにかく元気です。



なぜ元気なのかな?

愚痴など言わず、争いもせず、体に

良いものを食べて、家族の為に働いて

生きているから?



・・・いやいや、そんなことはありません(笑)



グチも言っていましたし 笑。

それでも、みなさん何だか楽しそうで

しあわせそうで元気でした。なんでかな~?

と短い時間でしたが観察してみて見えて

きたことは、



「余計なことを考えていない」

「シンプルに生きている」

からではないかな?と感じました。



なぜそういられるのか?といえばそれは

「自分に与えられたものを最大限に

使って生きる」から



たとえば、宿泊先でいただいた朝食。

シンプルなのですが、とてもおいしかった

のですよ。聞くと、ほとんどが手作り。

お味噌も野菜もフル-ツも。ヨーグルトも。

すごいですね!というと、戻ってきた

言葉が、



「なにもないからね、あるもので

どうにかするしかないからね~」



物が少ないから、自分たちで作れるものは

作る。裏庭に畑を作り野菜やフル-ツを作る。

もずくを発酵させジャムにしてヨーグルト

にかけて食べる。



物が少ないから工夫して生きる。

だから、みんな忙しい!



いただいたものは最大限利用して、

おいしくいただく。そして、自分たちだけ

では食べきれないものは近所のお友達

や親戚の人たちに分ける。



※朝、わたしたちがくつろいでいたら

遠くの方から大きな声で宿のおかあさんを

呼ぶ声がしました。声は聞こえど、姿が

みえず・・・ようやく姿が見えたお婆は

愛車と共に登場。



バギ-

(これはまた別のおばあの愛車)



とれたてのヘチマを届けに来たようでした。

届けるとすぐに「朝ごはんだから」と、

自宅に戻っていかれました。



とにかく、みんな忙しい。

自分たちの役目があるから。

やることがたくさんあるから。

物が少ないから自分たちに必要なものを

自分たちで生み出すことが自然なこと

だから。そしてそれを周りの人に循環

するのも自然なこと。



「何もないからね~」とおかあさんは

言ったけど、わたしにはとても豊かに見えた。



沖縄のおばあたちと同じように暮らせと

言われても今の私には難しい部分もある。

だが、自分にとって必要な物は何なのか?

それを選ぶことはできる。



そして、自分に必要なものを夢中で磨いて

いくことはできる。

秋山さんからのメッセ-ジにもそれは

書かれていましたよね♪



幸せに生きている人の共通点。

物が少ない環境に生まれた人は、少ない

物を最大限生かすことを考えて目の前に

精一杯になって生きている。



物が溢れ、選択肢が山のようにある環境で

生活しているわたしは、その中から自分に

とって本当に必要な物は何か?を自分で

決め選び、たいせつなものに精一杯に

生きることができる。



しあわせに生きていくのに大切なものって

実はそんなに多くないのかもしれない。



それを「多くない」と言い切れる自分に

なるためにはまずは<人生の目的>これを

しっかりと持った方がいいようですね。



さて、今日からお仕事!目的達成のためには

お金も必要ですから♪稼ぐぞ~!