こんにちは!

海外在住の友人が一時帰国して

いたので会ってきました。

翼の上率高し!


彼女は現在海外で一人で仕事をし

生活しています。



私から見ると、好きな仕事をしてお金

もやりがいも時間の自由も手にしている

友はまさに理想の生活。



ですが、やはり誰の人生にも楽しい事

ばかりではなく、大変な事だってあるの。

特に一人で仕事をしている場合

嬉しいことも大変な事もぜんぶひとりで

背負うことになる訳ですから。



私には到底理解できないような苦しみや

不安だってあるでしょう。

そんな時はどうしているの?と聞いたら



「まず、とことん一人でもがく。

もうやだ、ほんとやだ、ぜんぶやだ~

と騒いで落ちるところまでとにかく

落ちる!もうこれ以上落ちきれないって

所までトコトン落ちる!



するとね、必ず見えてくるものがあるの。

それは、たいてい私にとって欠かせない

ものなの。そして、ほんとやだ!と思って

いる対象物が、それだったって気が付くの。

ほんとは大事にしたいものとか

自分に欠かせないものなんだよね。

だからまたやるか!ってなるんだよね」



と。なるほど~!

そういえば私にも似たような経験があるなあ

と思いました。モヤモヤしているモヤの正体

って、実は自分がとても大事にしている

部分が関係していることが多いのです。



だれかの何気ないひとことに傷ついた・・・

と思っていても、実はだれかのせいじゃ

なくて、そこに引っかかった自分に

意味があるのです。



自分がこれだけは大事にしたいと思って

いる部分だったり。それを大事に出来ていない

ときに誰かの口を通して「気付きなさいよ~」

というメッセ-ジを渡してくれているもの

であったりするんですよね。

(※むやみやたらに人を傷つけるような

発言をする「邪気」にまみれたような人

は別ですよ。私はそんな人からは速攻!

離れます。関わらないです)。



その奥底、根底部分って誰かに指摘されて

気付くよりも自分で気が付くことが大事

なんです。そうじゃないとまた同じ部分で

繰り返し引っかかる事になるから。



自分で気が付くためにも、まずは

落ちるところまでトコトン落ちてみる。

モヤモヤの霧が晴れるまでトコトン

モヤモヤしてみる。そのときするのは

かならず自分と向き合うこと。



自分以外の誰かに意識を置いていると

モヤモヤは中々晴れないし、底辺まで

落ちると這い上がってこれなくなる

可能性がある気がします。



だって、他人のことは私ではコントロ-ルできないから。



彼女がトコトン落ち込んでも這い上がって

こられるのも、私がモヤモヤから抜け出せる

ようになれたのも、なぜ自分はこんな気持ち

になるのか?と自分と向き合うから。

なんでしょうね。



他人にばかり意識を向けてあの人が

こうしないから私は辛いんだとなって

いたままではそこから脱皮は出来ない

でしょうね。



彼女曰く

「そう言う人は、そういう場所が好きなの」

と。誰かのせいにして悲劇にヒロインに

なってかわいそうな自分がが好きなんだよ

って。自分で自分をそこに持って行って

いるんだよ、私もそうだから、と。

その通りだなあと思います。私もそう

だからよく分かります(笑)



それを、自覚できているか否か。

そのちょこっとの差なんですよね。

両方を経験してどっちがいいか?自分で

選ぶ。落ち込みたいとこはトコトン落ち

でもそこにはもう長く居られない体質だから

(だってそこではなにも進歩がないって

知ってるからね)じゃ、抜け出すか!と

なれる。



これはもう自分で確立した自分だけの<仕組み>でしょうかね。



彼女と会うといつも気分がスッキリする

のです。いい刺激をくれる友人。



今回は知り合って20年でいちばん深く

まで語り合えた気がします。

読んでいる本の傾向が似ている事も

今回はじめて発覚!自己啓発・スピ系が

好き。お金も好き(笑)



そんな裏表のない好きな話が遠慮なく

できる友人。ありがたい。

いつも学びを気付きをありがとうです。