こんにちは。

我が家の洗濯機は、16年前に夫が

8,800円で購入したもの(4.2キロ)

ありがとう


がんばっています!

でも、そろそろ寿命みたい。

(やっぱり水漏れが・・・)



ということで、新しい洗濯機を購入しました。

(週末に届く予定です)



水漏れに気が付いたその日に夫と家電量販店

に行き、20分ぐらいで即決。

ナニそれ?ちゃんと考えているの?

と思われましたか?たしかに、家電量販店で

選ぶ時間は短時間でしたが、私がモノを購入する

ための思考は、「今この瞬間から」はじまって

いて、それをずっと継続しているんです。



わかりやすく説明しますね。

洗濯機の場合、ほぼ毎日使いますよね。

そのとき、何も考えず使うのではなくて、



40代後半・共働き・二人家族・一戸建て。

家電にこだわりがないわが家に必要な洗濯機

ってなんだろう?

と考えながら使うんです。



すると、ここがこうだったらもっと使い

やすいな~とか。

この機能は必要ないな、とか見えてくる。



たとえば、4.2キロじゃなくて、もう少し

容量が多かったら毛布がラクに洗えるなあ~

とか。



もう少しスリムサイズだったら、隣に棚が

置けるのになあ~とか。



共働きだけど、子供はいないから二人分

だったら乾燥機は要らないな、とか。



我が家に必要な条件がどんどん明確に

なってくるんですね。



これは決していまに欠点を見つけるという

ネガティブ視点でなく、さらにいい状態に

するには何が必要で何が不要か?と

ポジティブな視点で見ていくんです。



あくまで「もっと良くなるためにできること」

を、宝探しのように見つけていく感じです。

楽しそうでしょ。



家電の寿命は平均10年と言われています。

ということは、10年・考える時間があると

いうことです。



10年毎日じゃなくても、週末の洗濯の時

だけ考える。それだけで、かなりシンキング

タイムが持てます。だから、いざ!買い替え

となった時も、迷う時間が短くて済む。



自分に必要な物がざっくりでも分かっていると

販売員さんのセ-ルスト-クやネットの口コミ

情報も参考程度に聞くことができ、へたに

流されずに済みます。



あれね、聞いているうちになんとなく

家にも必要なんじゃないか?って思えてくる

から不思議。それが商売なんでしょうね。



ちなみにわが家に必要な洗濯機の条件は

・シンプル機能!

・乾燥機は不要

・ドラム式はNG!(腰が弱いため)

・汚れがひどいものをつけ置きするので

縦型式がいい。

・容量は5キロで十分(大物はコインランドリ-)

※洗濯物をためない工夫でもある(笑)

・洗面所が狭いため、60センチ×60センチ内の

サイズ。



以上がわが家の条件です。それにしても今の

洗濯機ってピンからキリまで・・・

すごいんですね!すっかり浦島太郎状態でした。

新しい洗濯機の到着、たのしみです。