こんにちは。



個別株をはじめて丸二年。

今年も株主優待が届いています。

(やばい、まだ申し込みしていないわ)。

配当金も微々たるものではありますが

徐々に入ってきています。



銘柄によっては現在含み損のものもありますが

そんな時でもこうして配当金や株主優待が

もらえるって、よくよく考えたらすごいこと。

ですよね・・・。



そのまま銀行の口座に入れっぱなしだったら

金額が減ることはない。ただ、

一年間で数十円の利息しか付かないし、

物価が上がってきている現在ではお金の価値

が目減りしているってことでもある。



その一部を投資に回すと、投資額が減る

こともあるけど、増える時もある。

また、株式で資産をもっていると、

株主優待や配当金が毎年もらえることもある。

でも、業績悪化で配当がでないことも、

優待がとつぜん無くなることもある。



そう言ったリスクも考慮し、投資をやる!

を選んだあとは、「計算」もひつよう。

投資に計算は欠かせない。



タダね、この計算が苦手だと言う人多いのです。

女性は特に難しい計算が苦手な生き物です・・・

との思い込みが、さらに私を計算から遠ざける!

(笑) 私も計算って苦手意識がひじょうに高い

でつ・・・。



それでもやっぱりお金と関わっている以上

「計算」とは切っても切れない関係だと

思います。



数字は公平な目線での判断基準のひとつだから。



人間が物事を判断しようとするとどうしても

そこに「損得」や「人情」が絡みます。

だから正確な判断が出来なくなる場合もある。

その感覚が大切なことも人生にはあります。

数字ばかりで判断する人生は、色がないものね。



でも、この世の中には「罠」もたくさん存在しているの。



その罠を見抜くためにも、計算というツ-ルを

使いこなせるスキルは磨いておいた方がいい。

(私も計算への苦手意識でいままで損して

いたこと数知れず・・・)



投資だけでなく、お金と仲良くなりたいの

であれば、計算するクセを身に付けていた

ほうが早く望む場所へ到着できると思うんです。



私が本を読み、固定費の削減がまずは大事

なんだ!という良質な知識を得た後、無駄な保険

やオプション契約の解約へ舵を切ることが出来た

のも、計算してみたからです。

それも、超~簡単な計算。



たとえば、一か月¥1,800円の医療保険。

年間にすると?

1,800×12=21,600

今後、60歳まで継続するとなると?

21,600×13年=280,800



・・・・・・・・・・・・・・

に、にじゅうまんはっせんはっぴゃくえん?!

鼻血ブ-ですお。KDDIの株を買ったら、

配当金と優待がもらえますお。計算してみます。



配当利回りの計算は、配当金÷株価です。

7/12現在。KDDIは

配当金1株110円。株価2,876円。

ですから計算すると・・・

配当利回り3.82%



株主優待が5年未満だと3,000円の

カタログギフトがもらえますから・・・

けいさん、けいさん・・・

配当利回り、1%



合計:4.82%!



(今度暴落したら追加しようかな・・・)

※計算したら見えてくるものがありました。



保険の計算をした後は、わが家の貯蓄額の

計算をします。今後数年の間に使う予定のある

金額を差し引き、残ったお金を算出します。



仮に病気になり入院した場合、家の貯蓄額で

まかなえるのか?ここでも、かんたんな計算

をします。



さらに、社会保障や会社の制度などから

受け取ることができる保障も計算します。



すると・・・わが家に医療保険はひつようない

ということがより明確になりました。



テレビCMや周りからの影響で結婚したら

民間保険に加入しておかなくちゃ、やばい!

と思い込んでいたけど・・・。



ちょっと自分で調べて、

ちょっとカンタンな計算をしたら。

無駄なお金を払わなくてもいいことに

気が付いた。



必要以上の保障に回していたお金は

まわしてもお金増えにくい、いや増えない場所

へ、お金を置いていたことが判明したのです。

かんたんな計算と、自分で調べてみるという

すこしの努力で、です。



だから、お金ともっと仲良くなりたい~と

思うのであればやっぱり計算はかかせない。



私は数か月前から食費の見直しもはじめ

ました。値段だけに左右されない食材選び

も意識しています。



たとえば、旬のものはやっぱりお安くて

おいしいのです。



今の時期は「いわし」がお手頃価格で

脂もよくのっていておいしいの♪

値段だけで判断していたら高い方が栄養価も

高いとイメ-ジしそうですが・・・



高いも低いも、値段には意味がある。



洋服などは安いものはそれなりだったり。

ただ、中にはコスパがものすごくいい商品

もある。



高いもので流行に左右されにくい服ならば

バ-ゲン時期にいいものに出会えたら

バ-ゲン価格で購入します。

(ただし、アウトレットでアウトレット用に

つくられた服は避けています。だって

なんだか?変じゃない?このシステム・・・)



と、私たちの生活に「計算」は欠かせない

ツ-ルであり、それを上手に使いこなせる

スキルがあれば、世にはびこるたっくさんの罠

を避ける事だってできるかもしれない。



罠にはまったとしても、後で気付けばいい経験

になります♪失敗は宝じゃ。そこには必ず学びが

あるもんね。わたしもいまだに計算ミスで

ありゃりゃ・・・なこともあります。

ただ、今後同じミスをしないように、しっかり

自分のミスを認めるようにはしております。



計算も慣れなのかな?

女性はどうしても感覚でものごとを判断して

行こうとするからね。投資の銘柄選びも

何となくいい感じがするからとか。(笑)

その感情にきちんとした計算が加わったら

最強!なんでしょうね。計算できる女目指すぞ~。

\(^o^)/