こんにちは。

私の趣味にひとつに

「朝のウォ-キング」があります。


夏ですね


(昨年の秋ごろ?かな?今年の田んぼもすでに青々としています!)



健康・体型維持目的でもありますが

さいきんは「五感を鍛える」ほうが

メインかな。



朝のウォ-キングは五感を呼び覚まして

くれる宝の山、です。五感をきたえると

自律神経の働きもよくなるし、さらには

直感力も働くようになるそうですよ。

ワタナベ薫さんの新刊にも書いてありました。



人生が変わる!「直感」の磨き方

楽天

人生が変わる!「直感」の磨き方 [ ワタナベ薫 ]

価格:1,404円
(2019/7/13 05:02時点)
感想(0件)




アマゾン

人生が変わる! 「直感」の磨き方

新品価格
¥1,404から
(2019/7/13 05:03時点)






そんな朝のウォ-キングでは、二組のご夫婦と

よくすれ違います。

一組は60代。お二人ともスタイルがよくて!

若々しいんですよ~。うちの前はちょいと坂道

になっているのですが、その坂道をガ-っと

駆け上がっていくの。すごいよ~。



もう一組は、70代後半のご夫婦。

ゆっくり二人で並んで朝の散歩を楽しんで

います。とちゅう立ち止まってお花をみたり

季節の変化を楽しんでいるご様子・・・。

まさに!チャ-ミ-グリ-ンのCMのよう

なお二人♡(知ってます?)



二組とも、それぞれいいなあ~と思います。

素敵なご夫婦だなあ、って。

ただ、うちもああなりたい!とは思わなく

なっている自分の変化を感じました。



以前は、夫とふたりで朝のウォ-キングを

したり、体を鍛えたりしたいなあって憧れ

がありました。



今は、お互い好きなことが違うから、無理

して相手に合わせる必要はない。と思って

います。



お互い違う人間なので、あたりまえですが

好みも違うんです。

それそれ好きなことがある。好きな過ごし方

がある。



でも、中には重なる部分もある。

そこは、一緒に楽しめばいい。



なんとなく、夫婦は共通の趣味がないと

いけないとか。こうあるべき!夫婦のカタチ

!に囚われすぎていた感が以前の私には

ありました。



その身勝手なわたしの理想のカタチになって

くれない夫にイライラしたり、なんで?

とガッカリした時期もありました。



今振り返ると、なんであんなに囚われていたのだろう?



それはやはり、他人が羨ましかったから。

自分にないモノに目が向ていしまうクセに

気が付いていなかったからだと思います。



いまは、どの夫婦もみんなそれぞれ。

素敵だなあ~って思うご夫婦はもちろん

いまだにあります。友人カップルにも

雑誌から飛び出してきたモデルのような

二人がいますが、見るたびに惚れ惚れする

ような生活をしています。素敵だな~って

まいかい思うし、口にもします。



でも、

わが家は何でああじゃないんだろう?

どうしたらあんな風になれるのだろう?

どうしたら夫を変えられるのだろう?

とは、思わないんですよね。



素敵だなあと思う夫婦に自分たちを重ね、

足りていない部分を見ることがなくなった。



だって、うちはうちだもんね。

我が家の場合、「いつも一緒」じゃお互い

窮屈になるタイプ。夫も私も一人きりになる

時間がものすごく大事な人間。



でも、ずっと一人で平気でもない。

だから、いっしょもあれば別々もある。




夫婦の理想のカタチを追い求めていたころ

夫をむりやり朝のウォ-キングに引っ張り

出してみたり。おしゃれなレストランで

食事してみたり。本屋さんに連れて行って

みたり。



私も、夫の飲み会に付き合ってみたり。

趣味に付き合ったり。



でも、けっきょく「不自然」は続かない(笑)

やっていて楽しくないんだもの、続かない

よね~。



だからいまは、自然の流れにお任せ♪

ひとりでやりたいことはひとりで。

二人でやりたいと思ったら、互いに誘う。

でも、気が向かなかったら断り断られる。

二人で一緒にやりたいとお互いの思いが

一致したら、そのときはふたりで。



お互い夫婦という制度を選んだ責任を自覚し、

そのうえで、自分の人生に好きなことをする

時間を増やしていこう♪

そんな話をどきどきします。



はじめは夫、「そうは言っても好きなことを

出来る人は少ないよ」とか言っていたけど。

さいきんは、趣味の釣りも復活し、その時の

話しをする夫は実に楽しそう。



ボ-トに揺られて、自然の中にポツンとひとり

でいる時間は最高なんだそうな。楽しい波動で

話す内容は、こちらまでまるでその場にいる

ような臨場感!想像できるほど、楽しい気持ち

にさせてくれますね。

(残念ながら妻、三半規管が敏感なため同行できず)



夫の話しを聞きながら、わかるわかる!と

言っていながら思いました。

夫婦別々でも「一人の時間」が大事なもの同士

分かり合えることもあるんだなって。



お互いの好きを認める・・・その柔軟さを

持てるように、私も夫も手にしている時間や

お金の中で、好きなことをする時間を増やして

いくことはやはり大事なことだなって思います。

※ちなみに本日も別行動・・・の巻き(笑)