こんにちは♪

関東の梅雨明けもそろそろなようですね。

夏が来ますね~


スイカ



夏と言えば、なつやすみ・スイカ・あさがお・ラジオ体操・プ-ルそして・・・あなたの知らない世界!(イワオさん、知っている方は同年代)



ますます暑くなる時期、疲れも溜まりやすく

なってきます。だるい~と感じる日も

夏場は増える気がしますね。



そんな時は無理せず、家事も手抜きが必要

だと思います。



特に火を使う料理は、短時間で済ませたい

ですよね。というか、そもそも火を使わない

メニュ-にすればいいって話♪



夏はやっこ豆腐やもずくも頻繁に食卓に

のぼります。



ヤマイモの千切り(スライサ-でやれば楽!

ただし、手を切らないように注意です)

に生卵のっけたのとか。キムチとか。

腸内環境を整える食材もパッと出せるモノ

を積極的に利用します。



火を使う料理は一品あれば、満足いく食卓が

できますよね。あ、私は夏も鍋料理をします。

つくる時はカットした食材を鍋にいれて

火にかけるだけでいいので短時間で仕上がり

ますし、あつあつの鍋料理を食べると

お腹があったまって、確かに汗をかきますが

その後、じつにスッキリするんです。

お通じもいいので、胃腸にもいい気がします。



夏場はク-ラ-で体が冷やされていますから。

内臓をあたためる食事は夏場でも必要です

よね。夏場こそ、必要かもしれないですね。



そして、筋トレと適度な水分補給も!

じつは血流をあげるのにいいらしいんですよね。



わたし、末端冷え性でして、夏でもク-ラ-

の中にいると指先がキンキンに冷えてしまう

のです・・・。冬はずっと手が冷たいです。

それを相談したところ、冷え性の原因は実は

血の量と、筋肉量が少ない事と教えてもらった

んです。これ、びっくりじゃないですか?

私は目から鱗でした。知らなかったんです。



冷えを直したいのであれば、適度な運動で

血流をあげること。でも、そもそもの血の量が

少ないと流れる血液も少ないので、血を増や

さないといけませんね。そして、血を増やすには

「水」水分摂取が必要なんだそうな。



この話を聞き、ものすごく自分に当てはまった

ので納得できました。私は元々筋肉がつきにくい

タイプで、学生時代毎日運動していても周り

の仲間より筋肉が付きにくく、苦労しました。

さらに、水分摂取もものすごく少ないのです。

意識しないと夏場でも500ml飲み切らない

ってこともあります。



これも原因のひとつかもしれないな。

と感じたので、それから水分摂取を増やし、

ここ最近とある方の影響で、ようやく自宅で

筋トレもはじめたところです。

※コメント欄から筋肉情報を教えてもらった

ので♪さらに励めそうです!



とにかく、血液の循環がうまくいかないと

体は冷える。血流をよくするには、

①血の量を増やす。

②適度な運動で血流を上げる。(筋肉がひつよう!)



年齢を重ねるごとに、筋肉はだんだん落ちて

いきます。お腹ポッコリなのに手足が細い!

いわゆる昆虫体型なひと、中年以降に増えます

よね。私もそうだわ~。やばいやばい。



程よい筋肉。そして、血。

それが体の冷えを取ってくれ、いつもポカポカ

でいられるカラダになる、体がポカポカして

いると、自然と心もポカポカ穏やかに

なりますよね。



そういえば、ス-パ-で甥っ子と手をつない

だ時、彼の手がものすっごくあったかくて。

心地よかった~

※甥っ子からは「ららちゃん!手が冷たい!」

と驚かれました。



夏場は暑くて、どうしても冷たいものが欲しく

なります。もちろん、ほてった体を冷やす事

も必要です!が、冷やしすぎてしまうことも

あるので要注意。



食事・水分・程よい運動。

この3っつで血流を上げて、老廃物を外へ

押し出し、腸内環境も整えて。

疲れがたまりにくいココロとカラダ、

目指したいですね!