こんにちは。

昨日の続きを書いてみます。

※読み直してみたらタイトルと内容が

結びついていなかったですね!

失礼いたしました。



えっと、きのうは(良い習慣を意識し始め

たら)上司が変わりました。ってところまで

書きました。



新しい上司は、派遣社員のわたしでも仕事

にやりがいを持てるように・・・と、

いままでやったことがなかった新しい仕事

を与えてくださいました。



この時の変化を当時の私はじつは

「げ、めんどくさい・・・」

と思っていたんです。



成長のチャンス☆とは、みじんにも思えま

せんでしたね~。



人は変化を恐れます。変わりたくない生き物

なんです、実は。だから、新しい事をはじめる

時に、ほとんどの人が「めんどくさい」

そう思うんです。



まして、自分が好きではない(と思い込んでいる)

いまの仕事で新しいことを任されても・・・

いやいや、私はこの仕事で成長したいとか

望んでいないですし。今のままで良いですし。

プライベ-トでやりがい見つけますし!

と、そんな程度に捉えていました。



とはいえ、わたしは根っからの会社員。

「やりたくない」と言ってはいけないとも

思い込んでいたので、言われたことをまずは

やるしか道はありませんでした。

※今思うと、これが自然な流れに任せるって

ことだったのかな?



だから、とりあえずやってみたんです。



でも、新しい世界にはわたしと同じ分野の

仕事をしていて、わたしよりもはるかに

知識や経験が豊富な方がたくさんいたのです。



そんな中に、それまで言われたことしかやって

こなかった仕事に対する意識が低い自分が

入る訳です。これはもう・・・屈辱以外の

何物でもありませんでした。



参加したグル-プディスカッションでは、

積極的に自分の考え方や仕事のすすめかたを

ハキハキ主張できる人たちばかりでした。

わたしは・・・何も言えないし、なにも答え

られませんでした。



だって、いままでそんな意識を持って仕事をしていなかったから!



(もうヤダ。何でこんな場所に私を出すの?)

と、当時の私はまだ今の自分のふがいなさを

上司のせいにしていました。



ただ、恥ずかしさを感じながらも、わたしは

心のどこかで「もっとレベルアップしたい!」

と感じていたんです。



その翌年も、また同じ場所に立たされました。

でも、一年前の自分とは少しの変化を味わう

ことができました。



発表の場では、以前よりも自信をもって

立っている自分を感じられました。

発表が終わってから何とも言えない達成感

を味わうことができたんです。

上司からも「アドリブが入っていましたね、

良かったですよ!」とお褒めの言葉をいただく

ことができました。うれしかったですね。

※人はやはり褒められると嬉しいものです。



こんな経験が出来たのも、一年前の屈辱を

味わったお蔭です、あの経験があったら

仕事に対する意識がすこし軌道修正された

から。貴重な経験をさせてくれた当時に上司

には感謝です。

※あれ?以前は「上司のせいで私はこんな恥ずかしい目にあっている!くそ~!」だったのに(笑)



この経験でわかったことは、

どんな仕事でも、いま自分がやっている仕事

の中身を知ることの大切さでした。



それまでの私は言われたことだけやればいい

と無意識に思っていて、行動もそうだったので

自分がやっている仕事の中身まで詳しく

知ろうとしていませんでした。



自分がやっている仕事のことを聞かれても

「?わかりません~」と、平気で答えて

いましたから。



だもの、仕事に自信を持てるわけがありま

せん。内容を知らない=興味がないのです

から、当然楽しくもありません。



好きなことが楽しいのは、もっと知りたい!

と思うからです。興味があるから楽しいのです。

知らないことを知るから楽しいのです。



※だから好きなことを仕事にすると成果が

でやすいのかもしれません。



とはいえ、今現在の私の仕事はこころから

好きでやっている仕事ではありません。



じゃあ、仕事を辞めて、自分探しの旅にでる

か?といわれても、そんな潔さはありません。

そもそも好きなことがなにか?方向性さえも

見えていません。



さらには今、目の前に全力を尽くせない人

が、たとえ環境(仕事)を変えても

意識が変わっていないのであれば結果は

同じだ、変わらない。と先に成功した方から

教えていただいていたので(あ、本でね)

だから私はまず、「今の仕事をもっと知ろう」

知る努力をしよう!と決めました。



それはつまり、目の前の仕事に興味を持つ!

と決めたという事です。



するとまた、上司が変わりました。



今の上司はさらに、私の足りない部分を

伝えてくださる方です。

とはいえ初めはやはり、変化を嫌う自分が

いました。でも、もう私の意識は変わって

いましたから、前の自分とは違うフィルタ-

を通すようになっており、その先も今まで

とは違う方向へ進むようになりました。



今では、(上司がこの職場にいるうちに

吸収できるものはたっぷり吸収してやるぞ!)

と、そんな意識まで芽生えています。



だから、外部の方が職場に来られた時の

上司の説明の仕方とか、使っている機械の

トラブル時の対応や、自分がしている仕事

を徹底的に理解しようとする姿勢など、

ほぼまいにち学ぶべきところが目に付くよう

になりました。すごいわ~と思う部分が目に

つくのですよ。



※ただし他の人から見ると、足りない部分ばかり

見えるようです。確かに、欠けている部分も

ありますが、すごい!と思う部分もたくさん

あるんです。



で、私の目的は「今の仕事でスペシャリストに

なること」ですから、その目的達成につながる

ことへ意識を向け吸収すればいいだけなんです。

そこを見ればいいだけなんですよ。



だから、自分からも積極的に

「今の仕事の依頼はなぜ来たのですか?」

など、質問するようになったんですよね。

驚きの変化です・・・



さて、質問するとどうなると思いますか?

上手く行っている方から答えをもらうことが

出来ます。答えをもらうと、今まで知らなかった

事を知ることが出来ます。できなかったことが

できるようになります。



自分がしている仕事の一部分(ピース)が

どんどん揃っていくんですね。で、それを

繰り返しているうちに、

あれと、あれとが、つながるようになります!

そうか、そういうことだったのか!と。



この瞬間が、おおおおおおお!なんです。



こうなると、応用もできるようになります。

ああ、この仕事の依頼はあそこに動きが

あったからきたんだな~と、自分がしている

仕事の中身がだんだん見えてくるんです。



そうなってくると、言われた仕事だけではなく

どうしたら効率よく仕事をすすめられるか?

自分で考えて仕事をするようになります。



・優先順位を考えて仕事をすすめる

・事前準備(在庫チエックや連絡・確認等)

・お互いのフォロ-



などなど、自然とするようになります。

こうなってくると、どんどん仕事がうまく

まわりはじめ、人間関係もいい感じになって

いくんですね。



ここでようやく、タイトルの答え!です。

目の前の仕事を楽しくするコツ。

それは、自分がやっている仕事の中身を

もっと深く知りたいとおもうこと!

目の前の仕事に興味を持つこと♪



表面的な部分だけじゃなく、使っている

機器の仕組みやトラブル時の対応法。

自分が担当している仕事につながりがある

他部署の仕組みなども知っていくと、

「全部つながっているんだ!」

と感じることが出来、さらに楽しくなってきます。



これは、どんな仕事にも言えることだと

思います。



先にそれを知り、実践してきた上司たちは

私にそれを伝えてくれていたんですね。

さいきんようやくそのことに気づき、

ますます感謝の気持ちが増しています。



いい流れになっているのを実感している

ので、これからもまた何かいい変化がある

ことでしょう。楽しみです。



とにかく、まだまだ今の職場で吸収したい

ことがたくさんある!



このひと、仕事できるなあ・・・そう感じる

かたから、タイミングがあれば色々質問して

聞きだしてみたいと思っています。

おおお!という答えが得られたらこちらでも

報告させていただきますね!



皆さんは今、目の前のことに興味を持てて

いますか?