こんにちは。

今日はわたしの父親の話しを

したいと思います。



じつは父も投資していた!



私の父は現在77歳。

その父が、じつは長年投資をしていた!

という話なのですが。

といっても、株式や債券。不動産への

投資ではありません。

(やっててほしかった~)



父がしていた投資、それはまさに

じぶん信用つみたて投資。



自分が何を出したか?をつみ重ねていく投資



77歳の父は、いまも現役で働いています。

昔からの知り合いの社長さん(現・会長)

に頼まれ、働かせてもらっています。



父の仕事人生は、ひとことでいうと

「求められた場所で、求められている

ことで結果をだす」



ずっと中小企業で働いていますが、その

ほとんどが、友人や知り合いから頼まれて

働いている会社です。



はじめての就職先も、友人のお父様が経営

する会社で働いてほしいと頼まれたから、

いいよ!って感じで決めたそうだ。



その先も、たった一度を除き、基本

「誰かに必要とされた場所で、自分に

出来ることをする」が父の仕事。



おおきな夢や目標は特になかったそう。

ただ、カッコ悪いことはしたくない。

男はカッコよくなくちゃいけない。

それが父のポリシ-。

(カッコつけマンな父なんです)



家族には見せませんでしたが、

学歴がない父は、学歴社会の日本できっと

嫌な思いもしたでしょうね。必要に応じて

ヘコヘコしたこともあったと思う。



でも、そうしてきた結果実績を積み上げる

ことができ、ようやくある程度の自由がきく

立場を確保できた。



だから同じステ-ジの人脈ともつながった。

そこで色々な人に出会い、色々な経験を

した。またそこでコツコツ結果をつみ重ね、

父には「信用」してくれる人ができた。



そんな父を子供のころからずっと見てきた

私ですが、今になってようやく父がして

きたことは、実は投資だったんだな~

と分かりました。



それは、まさに「信用=価値の創造」



人から頼まれたことを引き受け、相手に

納得してもらえるだけの結果を出す。

自分を必要としてくれた人に、結果で

恩返しする。(カッコよくいたいから)



そして、父の出したことを見て、まわりに

信頼してくれる人が何人かできる。



その人たちからまた依頼され、父はまた

「カッコつけマン精神」で表には出さず、

水面下で足をバタバタさせ、懸命にこなす!



その結果が良ければ、また信頼がつみあがる。



そうしてようやく信用される。父は無意識に、

そうしてじぶん信用つみたて投資をしていた

んだな~と知る。



信用があるから、年をとっても仕事を頼まれる。

仕事があるから、お金もやってくる。

仕事とお金があるから、健康も維持できる。

趣味も継続している。人とのつながりもある。



実家は数字に残る資産はないけど(笑)

無形資産はある、と言っていいと思う。

その結果が、今の父だから。



子供のころから時々家族以外の人が父に

頼みごとにきていました。といっても、

お金貸して、ではありません。

人間関係のトラブル解決依頼が多かった。

あとは、役員系。PTA会長とかね。



とにかく誰もやりたがらない、もちろん

父だって本音はやりたくない。でも誰か

がやらなくちゃ終わらない様なことを

引き受けてしまう。



そんな父を良いように思わない人も

いた。年下のくせに生意気だ!とか。

目立ちたがり屋!とか。

そんな父のことを、「損な役回り」

と私は思っていた。でも、今は違う。



父がやってきたこと。それはまさに

お金の三大要素である

信用、投資、コミュニケ-ション。




お金



父にも、運周りが悪い時期はある。

そんな時、父には力になってくれる人

が何人かいた。



お金のこと。

仕事のこと。

人間関係。



本当に困った時、父は周りに助けを求めた。

ここでは「カッコつけマン」は必要ない。

頭を下げてお願いしに行く。

すると、力を貸してくれる人が現れた。



と、ここまで読むと父がものすごい立派な

人物のように聞こえるかもしれないが、

断言します、そんなことはない!



好き嫌いもある。問題も起こす。

いまだ、酔っぱらって転んでケガ

するときもある!



家族は正直迷惑だ!(笑)それでも、なんだ

かんだでけっきょくのところ、一緒に問題

解決に向かう。



父が先に、わたしたち家族にも

そうしてくれていたからだろう。



困った時に助けてくれたりする・・・

これこそ信用そのものであり

貴方への彼らの投資でもあるのです。

マンガ版堀江貴文の「新・資本論」より。




父は、実は投資家だった。

自分の資産(もともと備わっている能力)

を最大限運用し、コツコツ積み上げていた。

こんな投資もある。私もそう在りたい!

※もちろん、株の投資も細く長く続けます♪



きっと皆さんの周りにもいると思います。

投資家さんが。(あなた自身がそうかも!)



ホリエモンも、ものすごい投資家さんです。

マンガ版堀江貴文の「新・資本論」

楽天

マンガ版堀江貴文の「新・資本論」 (宝島社新書) [ 堀江貴文 ]

価格:756円
(2019/8/24 08:39時点)
感想(1件)



アマゾン

マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」 (宝島社新書)

新品価格
¥756から
(2019/8/24 08:39時点)