こんにちは♪

今日は天職について。書いてみます。

まず、天職ってなに?ですが・・・



天職=天から授かった職業。



う~ん、天から授かった職業ねえ・・・。

それって、どうやって判断したらいいの?

ですよね。一般的に言われているのが、



「それをしている時は楽しくて仕方がない!」

「報酬に関係なく、やりたい仕事」

「何時間でもやっていられる」

「それが周りの人の役にも立つ」

「子供のころから好きだった」



そんな判断基準があるようです。ふむふむ。

では、それを踏まえて今自分がやっている

仕事を判断してみると、たぶんほとんどの方

が、(今の仕事はわたしの天職じゃない!)

そう感じると思います。私もそうでした。



20代の頃働いていた会社は有名企業で

お給料も良く、休みも自由に取得でき、

多い時は年に4回も海外旅行へ。



それでも常に満たされない。

このままでいいのかな?そんな気持ちが

私にはありました。



このまま安定した会社に勤めていたら、

たぶん定年まで今のままだろう。

そんなの嫌だ!わたしも自分の好きなことを

仕事にしたい!そう思い、退職し、転職

することに決めました。



けれど、結局「天職」には出会えませんでした。



天職を見つけるために退職し、転職した。

転職すれば、天職が見つかると私は思って

いたんです。でも違いましたね。



天職って、なにも職種に限ったものでは

ないんです。そりゃ、心から好きな職種、

たとえば・・・お医者さんとか。ネイリスト

とか。そういった明確な好きで得意な分野が

もともと分かっているのであれば、

天職=職種で探し当てるのも良いと思います。

その方が早いでしょうね。



でも、そういったものが正直分からない

場合。(わたしはこれですね)。まずは、

今やっている「つまらない」と決め込んで

いる仕事の中でも、

「これをやっている時は、まあ楽しい」

と、そんな仕事を見つけていった方がいい。



結局、天職って職種というよりも

なんていうのかなあ・・・分別?タイプ別?

上手い言葉が見つからない。



たとえば、飲食店にお勤めの方であれば、

接客は苦手だけど、裏で大量の食器を手際

よく洗いこなすのが好き!とか。



企画するのが仕事だとしたら、まったく

何もないゼロから創り上げるのが好きな人も

いるけど、1ある状態のモノを、もっと良く

リノベ-ションするのが好きって人もいる。



今、天職についていると感じている方も

たぶん、今の天職のすべてが得意な訳じゃ

ないと思います。



お金が好きで、お金関係の仕事についている

人でも、じつは書類の整理が苦手・・・って

人もいるかもしれない。



でも、それ以上にお金のお得な情報を

顧客に伝え、顧客が喜んでくれることが

何よりも嬉しい!そこに、「やりがい」を

感じる。



私も今の仕事は、絶対!自分には向いて

いない仕事だ!って言いきっていました。

だからその仕事の中にある、「わくわく」を

見つけようともしませんでした。

その時期は、転職しなくちゃ自分の好きな

仕事はできないとも思っていました。



でも、そんな状態で天職だ!と思う分野の

仕事に転職したとしても、きっと私は20代の

転職のように、挫折していたと思います。



じゃあ、どうやって天職を見つけたらいいの?

というと、先にも書いたように

「今の仕事の中で、天職を見つけていく」



やっていて楽しい、あっという間に時間が

過ぎる!そんな仕事内容がきっとひとつは

あると思います。



それを摘まんでいく。



すると、自分がどんな仕事が好きなのか?

タイプが見えてきます。



仲間とチ-ムになって、一つのことを創り

上げる働き方が好きなのか?



頑固職人のように、ひとりでじっくり・・・

納得いくものを創り上げるのが好きなのか。



ひとりで、大量のものを片付けていくのが

好きな人もいます。

(私の友人は、山のような銀行振り込みを

するのが大好き!ワクワクする!て子が

いますよ。面白いですよね)。



表に立って、自分を表現するのが天職の人

そんな人を裏で支えるのが天職の人。

物を作るのが好きな人。

何でこうなんだろう?と、分析するのが

好きな人。



まずは、自分がどんなことをしている時に

ものすごくワクワクするのか?

楽しくて、時間があっという間に過ぎる!

と感じるのはどんな時か?

それを探していくと、どんな仕事の中にも

自分の「天職」が見つけられる気がします。



いま、心から自分の好きなことを仕事に

できています!とおっしゃる方に共通して

いることは、



今、ついている仕事の中で結果を出す。



結果を出すには、つまらない・・・など

思っていては出せませんよね。

好きでもない仕事で結果を出すには、

どうしたらいいか?ものすごく考えて行動

していたんだと思います。そこで課題を

クリアしたら次のステ-ジに行く。

その積み重ねで、今、これこそ天職だ!

と感じられる仕事についている。

そんな気がします。




天職は、転職したから見つかるのではない。

いま、目の前にある仕事の中にも

一部「天職」はある。

まずは、それをワクワクしながらやっていこう。