こんにちは。

今日から9月ですね、

今月も宜しくお願いいたします。

\(^o^)/



急にふと、思い出した子がいたので

記事にしてみたいと思います。



数年前、派遣社員だった私は配属されて

いる職場が暇な時期になると、全く違う

職場にまわされることが、3年ほどありました。



※当時の上司の考え方。

ただ、上司が変わったら暇な時期もそのまま

雇用され、この制度はなくなりました。



暇な時期になるとまわされる職場は、

キツイ!重労働作業。

仕事自体は単純作業で難しくはないのです

が・・・とにかく、体力勝負な仕事でした。

そして、女性がわりと多い職場。



・・・(ご想像にお任せします・・・)



そんな雰囲気の派遣先に、ひとりの女の子がいました。



メガネをかけて、背は155センチぐらい?

中肉中背。オジサマ情報では超有名大学卒。

頭はものすごくいい。ただ、



コミュニケ-ションが苦手。



話しかけても無反応とか。

受け答えがぶっきらぼうで、

ちょいと孤立している感じはありました。



そんな女の子と、私はある時期。

二人きりで、これまた違う部署へ回される

ことになりました。



更衣室から職場へ、ふたりで歩いて移動

します。私はなんとなく「今日はいい天気

ですね~」など、適当に話しかけてみたり

するのですが、会話が続かない続かない。

(;^_^A



何だかそのうちバカらしくなり、話しかけ

るのもやめ、二人で黙ってテクテク歩いて

いくことが多かったですね。

別々にいけばいいと思うのですが、メガネの

女の子は律義に待っていてくれるんです。

(私は正直億劫でしたが・・・)



そんな感じで、3週間ぐらい二人で仕事を

しました。そして仕事が終わる数日前。

その職場にいた、チャラいオジサマから

(チャラおじさん、チャラ男と呼びます)

三人で食事に行こうと誘われました。



※なんとこのチャラおじさん。私の父親と

趣味の世界でつながりがあった人だったの。

世間は狭いね~。なんどか家にも来たことが

あったらしく、それもあって食事に誘われました。



でもね、わたしはどうもこのチャラおじさん

が好きになれなくて。だって、自分の自慢話

ばっか!なんだもん。人の話しなんて、

聞いちゃいね~(笑)



なので、食事の誘いも私は行かないと

断っていたんです。行ってもつまらないのが

目に見えていたので。。。



するとチャラおじさん。

「父親はいい人なのに、おまえはダメだ!」

とか言い出しやがって。(おっと、口の悪さが

でちゃいました。ほほほ、失礼~)



もちろん、言い返しましたよ。ええ。

そんな横では、メガネの女の子が。

黙って私たちのやりとりを聞いていました。



で、結局三人(+チャラおじさんと仲のいい

おばさん一人追加)で食事に行くことに

なった訳ですが、この食事中にお酒が入った

チャラ叔父さんは、メガネの女の子に、

言いたい放題ダメ出しをはじめたんです。



外見的な事。

話し方。歩き方。

それから・・・

とにかくまあ、言いたい放題。



でもね、私も感じていた事もあったんです。

ただ、それはわざわざ言わなくてもいい事

だと私は思っていました。



で、当時は無駄に正義感が強かった私は

チャラ男に頭にきて。言い返したんです。

メガネちゃんを庇うつもりはなく、ただただ

チャラ男がムカついて!コンナロ-!

私にも散々言いたい事言いやがって。

(じつは、ここ?)



お前はなんなんだ?何様だ?

どんだけ偉いんだ?お?ってな勢いで。

(さすがにそうは言いませんよ!)



でも内容的にはメガネちゃんを庇う感じに

映っていたのかもしれないですね。



それを黙って表情一つ変えずに

聞いていたメガネちゃん。

ところか、急に目から大粒の涙をポロポロ

流し始めました。そして、今までの自分の

悩みをポツポツと話し始めました。



本当は、皆と上手にコミュニケ-ションが

取りたい。でも、どうしていいかわからない。

だからこうなってしまう・・・。



大学を卒業後に就職した会社でも人間関係

が上手くいかず、辞めることになった。

こんな自分が嫌。本当は彼氏も欲しい。

でもブスだし、無理。と。



その心の内を聞いたチャラおじさんと私。

一気にメガネちゃんの力になりたい!と

一致団結。(さっきまでバトっていたのに。

実は似た者同士だったようです・・・

無駄に正義感が強く、お節介人間)



メガネちゃん、じつはとっても素直な子で

チャラ男目線による、女の外見の磨き方を

うんうん、頷いて聞いていました。



これが、チャラ男。なかなか的を得ていて

だてにチャラ男してないわ~と思ました。

※チャラ男は女好き。



まず、中身の前に見た目も大事だ!と。

容姿うんぬんじゃない、ブスでも

(って叔父さんヨ・・・)見た目を清潔に

整えること。地味な服じゃなくて、明るい

服を着ること。で、雰囲気を明るくする。



もともと声が低いんだから(メガネちゃん

かなりの低音ボイス)意識して明るくしない

と、話していて暗い気分になる、とか。



・・・わりとキツメなことをチャラ男は

メガネちゃんに伝えていました。



でも素直なメガネちゃん。

すぐに言われたことを実行に移して

明るい声を出す努力をしていましたね。

ほんと、素直な女の子でした。



その後、いっきに距離が縮まり私以外の

三人は二次会のカラオケへと行きました。

(メガネちゃん、カラオケ好き)



この件で、私のメガネちゃんへの印象は

一気に変わりましたね。

更衣室から職場までの行き帰りの道中。

ひとことも会話がなかったのは、わたしと

何を話したらいいのか?どうしたらいいのか?

分からなかっただけだったんだ。



チャラおじさんの印象は変わりませんが(笑)

チャラ男のお蔭で、メガネちゃんの心の内

が知れたのは大きな収穫でした。

チャラ男に感謝です。



その後、私の派遣期間が終了する時、

全体でのお疲れ様会をやってくれたのですが

その時、メガネちゃんから

「ららさん、一緒にデュエットしよ~」と

お誘いをいただきました。嬉しかったな。



ちなみに彼女の選曲は「恋のバカンス」



きゃ-!



見た目はか細いけど、低音太ボイスの彼女と、

見た目は図太くデカく、声は細めの私。

そんな二人でデュエット。

・・・彼女の一本勝ち!(笑)

そんな話もいい思い出♪



彼女から教えてもらったことは、

人はそれぞれ、何かを抱えて生きている。

それは本人にしか分からない。

でも、他人は自分の思い込みでその人を

こんな人だと決めつけて、じぶんの思考や

感情や行動を選択する。



すべて分かったようなつもりでいるけど

・・・ほんとうは何にも分かっていない。



人は見た目も大事。

でも、見た目だけじゃわからない。

ただ、内面は外見に出るとも言われている。



だから、自分を磨くって、幾つになっても

大事なんだ。外見も、内面も。



もともと自分に備わっている、与えられた

ものを磨くという意味での自分磨き。



で、素直な心も。これがいちばん必要かも。

メガネちゃんはバリバリ素直でした。



あれからあの職場とは縁が切れて

メガネちゃんとも会うことがなくなった

けど。今ごろどうしているかな?

笑顔が増えているといいなあ。

また会ってみたいな~。

・・・急に思い出したあの子の話でした。

ありがとうございました。