こんにちは。

台風が過ぎてから、まいにち暑い。

停電の地区もまだ多いようです。

はやく普段の生活に戻りますように。



我が家も今回の台風で多少の被害に

あいました。物損だけでしたので

それが救いでした。



庭の数か所が損壊したので、あさイチで

施工していただいた担当者にメールを

送りました。



ちなみに、わが家の被害は生活するには

何ら影響のない部分です。



わが家よりも、もっとひどい被害に

合われた方もたくさんいます。

雨漏りや、窓ガラスが割れたり・・・

生活の場所が被害にあわれた方もいます。



対応で、担当者も忙しい!と案に想像

できますから、生活の場所は問題

ない我が家は、まずはメ-ルで状況を説明、

手が空いたら連絡くださいと伝えました。



すると、昼前には電話をくださいました。

やはり、大きな被害にあわれた方も

たくさんおられたようで、、、まずは、

そちらを優先したいとのこと。



とうぜんです。



その間、私がやるべきことを説明して

くださり、今後の流れもかんたんに

説明して下さいました。有り難いですね。



皆さんもご存知かと思いますが、

台風の強風被害は、火災保険で対応

出来る場合もあります。



ですので、もし台風の被害にあわれた場合、

加入している火災保険の窓口に電話して

確認されるとよいかと思います。



施工会社の担当者からその辺りの指示

をいただき、すぐに電話しました。



さすがに込み合っているようで、すこし

電話がつながりにくい状態でしたが、

でもそのまま少し待ったらつながりました。



オペレ-タ-の方とお話をしましたら、

とても丁寧にかつ、的確に対応して下さり、

(きっと、この方も朝から電話対応で

てんてこ舞いだろうなあ・・・

そんな中でこんなに丁寧・的確に対応して

くれるなんて。すごいなあ)。

そう感じました。



こういった手続きのオペレ-タ-さんには

ていねいすぎて、なかなか手続きが

進まない人や、言葉はていねいだけど、

心の中でこちらに対し、イライラしている

のが伝わる人や。いろいろな人がいます。



今回の方は、必要な部分はていねいで、

でも簡潔に進めて下さり、流れがスム-ズ。

言葉にも相手を思いやる雰囲気が伝わって

きました。



すると、私の口からも自然と・・・

「朝から電話対応で大変だと思いますが、

がんばってください、

ありがとうございました」

と、出ちゃったんですね。



すると、オペレ-タ-の方の声のト-ンが

軽くなって、「ありがとうございます、

被害の片づけ等、大変かと思いますが

お気を付け下さい」と、逆にお気遣い

をいただきました。



最後はこちらまでもっといい気分になって

電話を切ることが出来ました。



お互いが、お互いの気持ちを思いやって

言葉を投げかけることが出来ると、

一方通行よりも相乗効果でさらに

高い波動となる、ということを味わい

ました。言葉って、やっぱりすごい。



大変な時こそ、互いを思いやる。

大事だなあ・・・と思います。



施工会社の担当者さんも、

火災保険のオペレ-タ-さんも。

コチラの気持ちを思いやって、対応して

くださったから、わたしからもいい言葉を

投げかけることが出来たんだと思います。



私はいまは、言霊とか波動とか

そういったことを信じているので

もし、ギスギスした言い方をされたと

しても、そちらの波動に同調しない意識を

持つ訓練が、ある程度は出来ています。



ある程度ですので、

もちろん、むっか~っとするときもある。

でも、相手の低い波動に自分は合わせない。



ただ、今回対応して下さったお二人のよう

に、良い波動には遠慮せず、自分もいい波動

へ合わせていきます。

※自分に軸は置きながら。



もちろん、被害の大きさによっては

そうは考えられないと思います。



そんな時は、被害にあっていない私たち

から、思いやりの波動・高い波動を放って

いけたら。それで十分じゃないかな?

それも、相手の気持ちに寄り添うってこと

になる気がします。