こんにちは。

さいきんつくづく感じたことが

ありました。それが、タイトルの



人生で備えておきたいもの、

お金・人脈。そして、筋肉!



です。実は今回の台風で親戚農家が

大きな被害を受けました。

まさに、自分の力ではどうにもならない。

たまたま偶然、起きてしまったこと。



わたしも片づけのお手伝いに参加させて

もらいましたが、実際その場に行き、肌で

体験すると、人生で備えておきたいもの3つ

がほんとうに支えになる!と感じました。



まず筋肉です。

とにもかくにも、体力です。

普段あたりまえのように使えていたものが

使えなくなります。取り巻く環境がガラリ

と変わります。



断水時は給水所へ行き、水を運ばなければ

なりません。散乱したものを片づけなく

てはなりません。



幼い子供や、高齢の家族。そしてペット。

災害時もお世話がひつようです。



とにかく、体力勝負。



私は今回の台風で大きな被害がなく、

被害を受けた家族を受け入れる立場でしたが、

受け入れる方も体力が必要です。

こちらも、生活環境が変わりますから。



お手伝いに行くにも、体力です。

手伝う方が疲れてしまっては、逆にめいわくに

なります。何もできないだけでなく、相手に

気を使わせてしまうことになりますから。



数か月前から筋トレをはじめたお陰で、

体力の疲れはそんなに感じずに済みました。

筋肉、いざというとき本当に役に立つ。

ふだんからコツコツ貯めておくべきです。



そして、人脈。

一人では出来ないことも力になって

くれるひとがいると、出来るんです。



たとえば、ひとりでは動かせないものも、

数人が集まれば動かすことが出来ます。



樹齢100年以上

(庭のぶっとい木も倒れていました。重機で動かしました)



忙しい時は、その人の代理になって簡単な事

をすすめることができます。その間、本人は

もっと大切な話を進めておくことだって

できます。



ひとりではどうしたらいいのか?

途方に暮れることも、別の人が知恵を

出してくれて、解決出来たりもします。



話し相手になってくれるだけでも、

ものすごく助かる、と言っていました。



人の力って、人脈って、熱量って、

やっぱり「すごい」んです。



自分が困った時に、だれかに助けてほしい

と言えるか?また、誰かに助けてほしいと

言われた時に、自分にできる力をすぐに

出すことが出来るか?



これは、何もない普段の有り難い生活の

中で、コツコツ築き上げていくしかない

のです。



そして、人の力を生かすためにも、

お金が必要です。人を動かすには

エネルギ-が要るから。



遠く離れた場所へ行くには、交通費も

必要です。必要な物を購入するお金も

必要です。いざ!というとき。心おきなく

使えるように、



お金と人脈と筋肉!



いまからコツコツ積み立てておくべき

たいせつな3つだと、改めて実感している

ところです。



物理的にコレがあったから助かった!と

いう話は、やはり電気関係。蓄電や自家発電

装置がある家は、停電でも冷蔵庫や扇風機は

使えて助かった、と聞きます。



それと、ガソリン。

やはり台風後、2~3日はガソリンスタンドが

長蛇の列。給油にかなりの時間がかかる人も

いたようです。



台風は予報が出ます。台風予報がでたら、

とにかく車のガソリンは満タンにしておく。

(停電時、暑さから逃れるために車で

過ごした方も多かったようです)。



停電への備えもしておく。

卓上ガスコンロや電池。水。冷凍庫へ保冷剤

を出来るだけ入れておくとか。



断水への備えとしては、お風呂の水を一杯

に溜めておく。(トイレの水にできますね)。

他にも浮かんだらまた書いてみます。



まだ停電・断水が続いている地域もあります。

一日も早く、普段の生活が取り戻せますように。