こんにちは♪

時間がない!の解決法、もうひとつ

思い出したので書いてみますね。



それは本当にわたしのやりたいこと?と問う習慣



時間がない!時間が足りない!

そう感じている40代、多いと思うんです。

現に、あっという間に10月!

え?もう2019年も残り3か月切ったの?

やば~何もしてないよ、

と感じている方、多いですもんね。

(わたしもです)



すべての人に平等に与えられたものが

時間、です。

時間は阿部総理大臣も、バフェットさんも

もビルゲイツさんも孫さんもわたしも。

どんな人にも24時間、平等。



でも、その時間の使い方はじつに色々。



なぜか?といえば、意識の違い。

人生の目的の違い、ともいうのかな?

自分は本当は何をしたいのか?考える

習慣がない。だから時間を無駄にできる。



人生に目的がある人は、与えられた時間は

目的のために使う。



そのために、優先順位を決めている。



本当にやりたいことの優先順位を決め、

それを行動に移す。時間が有限だと知って

いるから、生産性のない無駄なことは

やらないと決める。



やることと並行して、やらないことも

決める。これは勇気がいる仕事ですね。

やらないことの中には、いままで我慢して

やり続けていたことを断る作業もたくさん

含まれています。この作業は、

嫌われる勇気がいることでもあります。



ただ、これができたら人生がめっちゃ楽に

なる!らしいですよ。



そして実際私も、やらないことを決めて

それを継続することで人生が軽くなる経験

を数回させてもらっています。



で、いままで当たり前のようにやってきた

日常生活の中で、ほんとうはやりたくない事

を見つけるコツが、

「これ、ほんとうに私のやりたい事?」

と自問自答する習慣です。



わたしがこの習慣を多く使う場面は

  ・コントロ-ルできない事にイライラ

   しそうになるとき。



解決できない部分にイライラすることが

わたしは結構あるのですが、たとえば

誰かの何気ないひとこととか。

通勤時、乱暴な運転の車を見た時とか。

誰かのごみのポイ捨てとか。



そういったコントロ-ルできない部分に

あれこれ考える時間を「奪われる」ことが

過去の私は非常に多く、そして今もその

思考グセは定期的に顔を出すことがあるの

です。



※このこと自体は悪い事ではないと

思っています。自分がどうありたいのか?

のヒントが「イライラ」「怒り」の裏には

隠れていると知ったからですね。



でも、そのイライラに長い時間を使って

いては、私の本当にやりたいことが

出来る時間はどんどん短くなっちゃいます。



怒りやイライラを感じたら、なぜ自分は

そこに怒りを感じるのか?考えてみる。

するとたいてい、自分がされて嫌なことや

自分が大切にしている信念が見えてきます。

それを確認するために、怒りやイライラは

あるのですね。



確認作業が済んだら、できるだけそこから

早く抜け出して、自分のために時間を使う

努力をしたいですね。



時間は、有限ですから。



なので、何かをしていてため息が多い時

とか、楽しくないとか、違和感を感じるとか

イライラを感じたら、



「これ、ほんとにわたしのやりたいことかな?」



と、自問するようにしています。さいきん

この習慣のお蔭で、他人にいい顔をしようと

していた自分を自覚することができました。

相手によく思われたくて、実はそんなに気が

乗らないことを一度引き受けてしまったの

ですが・・・。



どう角度を変えて捉えてみても

私の望む場所(大きくとらえると人生の目的)

と、大きく方向がズレているものだった、

と知ることになったんですね。

※頼まれた内容は悪い事ではありません!

たくさんの人の為になることです、が、

単に私の好みではなかった、というだけ。



でも、一度引き受けてしまったこと。

普通だったら、やらなきゃ人としてアウト

でしょう、と思いますよね。



わたしもそう思いました、だからいい意味に

置き変えようと思考のチェンジを試みたの

ですが、どうしてもザワザワが収まらない。



そこで、本当はどうなのか?

やりたいのか?やりたくないのか?

シンプルに自問したんですね。

答えは、「やりたくない」



やりたくないことを相手にいい顔をしたい

から引き受けて、それが終了するまで

違和感だらけ、やりたくないことに自分の

時間を使うことが耐えられないと

分かったんですね。



だから、嫌われる勇気を奮い立たせ、正直に

「気が乗らないから、お断りします」

ことをお伝えしました。



先方には期待させ、落胆させたことに

なる訳です。この部分は私の落ち度で

大きく反省する点であります。



ただ、やりたくないことを無理してやって

いると、結果、相手に頼まれたから仕方が

なくやっているんだ、我慢してやっている、

あの人のせいで!となっていくんですよね。



どっちがいいか?それは人の価値観。

どちらを選んでもその人の自由。



わたしは自問自答の結果、断る方を選んだ。

その決断の先には、盛りだくさんの反省と、

先方とのご縁が切れた痛みと、そして

時間の余白が出来ました。



ここまでして得たたいせつな自分の時間。



空いたところには迷うことなく、

自分が本当にやりたいことを入れる!

と意地でもそうなりますよね。

そこがこの習慣の本質だと思います。



長くなってしまいました。

いつも最後までお付き合いありがとうございます。
  
では、また明日~。