こんにちは。

大型台風が関東にも近づいています。

早めの対策、取っていますか?



心のどこかで、(私はだいじょうぶ)。

そう思っていませんか?



そう思うのは、自分にできる、

備えをしてから!

にしてください。



9月に関東を通過した台風15号で、

親戚農家が大きな被害を受けました。



電気、水道。インフラが使えない状況で

一週間以上。まだインフラが復旧していない

時、わたしも家族と片づけのお手伝いへ

参加させてもらいました。その時、



水が出ないことが一番きつかった。



と、いとこが言っていたのが印象に残って

います。「停電もきついけど、水が出ないの

は更にきつかった」そうです。



今まで当たり前のように、何かしたら

手を洗っていたのに。それが出来ない。

普段どれだけ自分が水にお世話になって

いるか、実感したと。



「ららちゃん、水だよ」



って教えてもらいました。

いとこといっしょに給水所へいって

水を運びましたが、水って本当に重い。



それなのに、使うとあっという間になくなる。

あっという間に、ポリタンク一つ分使って

しまいます。あんなに苦労して運んだのに。

※この体験で、災害への備えのひとつに

「筋肉」が加わりました。

私の筋トレのモチベ-ションを上げてくれる

支えとなっています。



災害が起きた時、停電・断水が起きる可能性

があります。災害自体、起きないようにする

ことは、人間にはできません。ただ、



もしも、災害が起きた時への備えは、自分でコントロ-ル(準備)が出来ます。



だから、災害への対策・備えは自分でやって

おく。これも大切な自立です。



<備えておきたいもの>

・お風呂の水をいっぱいためておく。

・飲み水の確保。(ひとり一日3L目安)



・簡易トイレの準備。

※こちらのサイトが分かりやすいです。

災害時の緊急トイレの作り方

黒いポリ袋(45Lぐらい)・新聞紙・

消臭スプレ-・密閉できるゴミ箱があれば、

数日間は何とかしのげそうです。



・トイレットペ-パ-・ウェットティッシュ

・車のガソリンは満タンに!

・雨具の準備(カッパ)

・お湯を沸かせる道具(カセットコンロ・ボンベ)

・非常食や甘いお菓子

非常食



DSCN0011

(これは普段のおやつにもしています。筋トレダイエットにも欠かせない?!笑)



断水したら、お皿は洗えないので

ラップやホイルが活躍するとのこと。

在庫チエックです。



・懐中電灯やランタン

・携帯電話の充電

・常備薬

・庭やベランダに飛ばされそうなものが

あれば、片づけておく。

※前回の台風で、ベランダの物干しざおを

出しっぱなしにしていました!

幸い何事もありませんでしたが、今回は

しまっておきます。




非難する際に大事なものをすぐに持って

行けるように、一か所にまとめておくのも

大事ですね。



災害への備えは、不安を増長させるもの

ではありません。もしも、が起きた時に

身の安全を守るためです。

それは、自分で備えるしかないのです。

「備えあれば憂いなし」