こんにちは。

数年前、江原さんの本を読んだとき

「あなたの体はあなたのものではなく、

天からお借りしているものです。」

というメッセージをよみました。



ちょっとスピリチュアルな話しになりますが、

私たちの魂は、たとえこの世でお役目を

終えたとしても、消えてなくなることはなく、

存在し続ける。と言われています。



そしてまた、生まれ変わって。

この三次元の世界で、天からお借りした

体を入れ物として、そこへ魂が入り。。。

私たちのは、たくさんの経験をする。



そのために、うまれてきた。



だから、からだを大切にしましょう、

メンテナンスして、手をかけてあげましょう。



そして、その体を使って

まだ経験したことがない、やりたいことを

やってみましょう。



と、スピリチュアルの世界では言われています。

ふむふむ。



私は何かが見えるとか。メッセージが

聞こえるとか。そういった能力は



ゼロ!



ですから、この手の話しは自分で経験したこと

はありません。だから、ホントにそうなんだ

よー!と、言い切ることは出来ません。

ただ、こんな風に考えた方が自分が楽しく

なるので、私の人生に取り入れています。



とはいえね、

毎日の生活の中で、常にその意識が持てるか?

といえば、忘れちゃうんですよねー。

(^o^;)



でも、ふと思い出したときに

そうそう。この体はお借りしているものだった、

って思い出すんです。



さいきんは、思い出す回数が増えてきたので、

今日はどんなときに思い出すのか?

書いてみますね。



たとえば、今朝。顔を洗い、基礎化粧を

ピタピタ頬につけていたら。

あらま。顔のシミがずいぶんと濃くなって

きたなぁ。って思いました。

やだなぁ~と感じましたし、シミトリ行こうか

とも考えました。



いつもだったらこれで終わりなんですが、

体は借り物だって思うと、年を重ねシミが

濃くなっていくのも、まだ、経験したことが

ない、未知のせかいであって、それも私が

経験したくて設定してきたことなんだろうか?

とか、思いめぐらせるようになる。



いや、でもさ。

やっぱりシミは薄くしたいし。

増やしたくはない。

老化は受け入れるけど、できることなら

ゆるやかに。。とか思う。なので、何かケアを

したくなる。



こんな経験も、顔のシミを気にする年齢まで

生きていられたから味わえることなんだろう。



そういった何かを感じとる部分は、やはり

魂(たましい)の部分なんですよね。

こっちが、ほんとうの自分なんでしょうね。



なんつって。

私はまだまだそういう世界の話しは疎いので

顔にあたらしいシミを見つけたら、うわぁ~

ってなるし。

残業後の自分を鏡でみると、んまぁ目の下に

クマがすごい!どこのオバハン?って

現実逃避したくなります。凹みます。



でも、そう感じられるから、

だから筋トレして、腹筋がしまってくると

ワクワクするし。

貯金が増えたら嬉しくなり、

行きたい場所へ旅行に行く未来を

思い描き、それを実現させる。


海



お借りしている体を使って、

魂で何かを感じて、

生きている!ことを味わいたいんだなぁ。



そのためにも、カラダ・心のメンテナンスは

私の人生から外すことはできないなぁって

思っています。

ということで、今日もひとつ、新しいことに

チャレンジしてきまーす!

いつも読んでくださりありがとうございます♥️