こんにちは。

お金のことを知っていく中で

え?そうだったの!?と思う事実・法則を

たくさん教えてもらっています。



本日のタイトル、

お金はたくさんある所から少ない所へ流す

というのもそうです。



こんな話を聞くと、以前は

私はたくさんのお金なんて持ってないよ!

こっちがほしいわ。

と、感じていました。



でも、それは事実でしょうか?



ワタナベ薫さんのお金の本の中で寄付の話し

が書いてありました。



寄付の話題になると、多くの人がわたしと

同じように、「そんな余裕ない、こっちが

もらいたいぐらいだよ」というそうです。

では、普段自分がどんなお金の使い方を

しているか?振り返ってみると、

何気な~く、毎日¥100のお菓子や

缶コ-ヒ-を買っていたりします。



お金、実はあるんです。



ほんとうにおかねがない人って、

今の日本にはほとんどいない。

※生活保護だって受けられます。

それを恥だと誤解したり、知らずにいる

ひとはいますが。



とっても恵まれた国に生まれているのだ、

ということを、わたしたちはすっかり忘れて

しまっています。



だから、本当にお金がなくて

困っている人に分けることが出来ない。



私もそうでした。私の場合、もっと酷くて

誰かのお金を立て替えることすら、嫌!

でしたから。



そうとうお金へのブロック(恐怖・不安)

があったんだなあと思います。



じつは、そうしたお金への感情って、

私たちは祖父母の影響をいちばん受けて

いるとも言われているんです。



そして、祖父母が生きていた時代を思うと

戦後の一番苦しかった時代を生き抜いて

きたひとたちであるんですね。。。



その苦しい時代で踏ん張ってくれた方々の

お陰で、今の豊かな日本があります。

その事には大きな感謝であります。



ですが、お金の思い込みは当時のままでは

時代にあっていません。

時代はものすごい勢いで変化しています。

戦後の意識のままでは、時代遅れと

いうことになりますね。



ただ、基本の法則・仕組みは変わらない

のだと、たくさんのお金の本を読んでいく

中で気が付きました。



お金への感情は、わたしたちは先を行く

大人たちから「自習」してきました。

先を行く大人が、誰だったのか?によって

そのひとのお金への感情はちがいます。



でも、法則は共通しています。



沢山あるところから、その一部は

少ない所へ流していくこと。

これもどうやらお金の法則なようです。



そんな法則も、頭に入れて・・・

これからの時代も豊かに生きていきたい

なあ。



わたしたちは恵まれた国にうまれていると

いう事実。有難い目の前にも感謝を忘れたく

ないですよね♪



参考にしています、お金のこと。

本田健さんの一瞬で人生を変えるお金の秘密 happy money


楽天

一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money [ Ken Honda ]

価格:1,760円
(2019/11/2 06:27時点)
感想(3件)




アマゾン

一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money

新品価格
¥1,650から
(2019/11/2 06:28時点)