こんにちは。

カブドットコム証券からのメ-ルで

気になるタイトルがありました。


お金も「長生き」させることが
ポイント



寿命が長くなったということは、
その分のお金も必要になるという
ことです。

つまり、資産の寿命も延ばしていく
ことが大切です。


資産の寿命も延ばしていく、など

すうねん前まで意識したこともありません

でした。でも、この意識はもっておくべき

重要なことだと思います。



るるる~




生きていくにはある程度のお金が必要。

お金は私たちの人生に欠かせない。

今後どうなっていくかはわかりませんが、

今現在、お金は生きていくための手段です。



老後の不安感から、貯金はしていました

が、貯金をしながら

「このお金を使いきったらどうなるんだろう・・・」

という不安が、つねにありました。



その不安からわたしを解放してくれたのが、

「お金で、お金を増やす」

=投資する、という考え方でした。



とはいえ、お金でお金を増やすには

お金が必要です!(タネ銭っていうよね)



そうなんです、お金を長生きさせるためには

お金が必要なんです。



なので先ずは、お金を稼ぐこと。

そして、稼いだお金の一部を投資に回せる

ように、生活費(支出)を見直すこと!



資産の寿命を延ばすために大事なのは

老後の生活に意識を向けるのではなく、

今の生活に意識を向けること。

いまを、見直すこと。



夫の稼ぎが少ないと嘆くヒマがあるなら、

自分が稼ぐ方法を考える。



それと同時に、徹底的に支出の見直しをする。



心が貧しくなるような節約は自分も家族も

波動が落ちますからさけるべきですが、

期間限定・ゲーム感覚でいちど、どこまで

生活費を下げることが出来るか?チャレンジ

してみるってのもいいかもですね。



その有効な方法としては

たくさんのお金の本に書いてありますが、

おおきな支出から見直すこと。



おおきな支出とは、

・住宅

・保険

・教育費

・車

・通信費



この順番で見直していくことが

おすすめです。



食費や光熱費に着手は、労力のわりに

効果が少ないです。なので、それよりは

まず、大きな支出の見直しから。



夫のお小遣いは最後の最後で!笑

というか、夫のおこづかいは余程でない

かぎり、減らさない方がいいかもですね。



男性はストレスにめちゃ弱いですので。

環境が変わることに免疫が少ないです。

※傾向ね、全然平気な人もいますけどね。



ぎゃくに、ちょっとでも増やすと

波動がぐわ!っと上がりますよ。

臨時収入があったら、一部でも全額でも

渡してあげるとか。また、突発の飲み会

は気持ちよく渡してあげるとか。

自分もそうされたら嬉しいですよね。



とにかく、家計の支出の見直しには

夫の協力も欠かせません。なので、夫を

敵にしてはいけませ~ん。



夫のおこづかい削減は、間違いなく夫を

敵に回すことになります。(経験者・・・)

ととと。話し戻しますね。



支出削減、それにより少ないお金でも生きて

いけると認識でき、安心感が生じます。



ただ、あくまで目的は

「生活費が少なくても、私たちはしあわせを感じる事ができるのか?」

を検証・確認することです。



なので家族に「うちにはお金がない」

とのイメ-ジを刷り込まない注意は

必要ですね。



よく「ねんきん生活になったら生活費を

落せばいい」と聞きますが、たしかに

それはその通り。ただ、そうなったとき

わたしたちは自分の人生を楽しんで

いるのかな?



文句を言いながら、残りの人生をすごして

いる姿、想像していませんか?

それは心から望む状態ではありませんよね。



で、あるならば。

資産の寿命を延ばすためにできる事、

今から始めていこうって、私は思うんです。



自分の人生、諦めるのはもうイヤです。



今も楽しみたいし、

これからも楽しみたい。

そのためには、お金も必要です。



いっしょに成長し合える仲間、たくさんの

経験をするために、お借りしている入れ物

(体)が良い状態であることも欠かせません。



じつは、お金以外の自己管理も

資産寿命を延ばすことにつながっていきます。



<まとめ>

資産寿命を延ばすためにできること

①お金を稼ぐ

②支出を減らす

③お金を増やす

④家族や友人との信頼関係

⑤体と心のメンテナンス



今日はお天気が良く、カ-テン洗いも

進んでいます。しあわせじゃ~。