こんにちは。

今日はお金のブロックを外す習慣

について書いてみたいです。



我が家の家計管理、2018年から

一切の先取り貯金をやめた、と

いぜん記事にしました。が、ひとつだけ

続けていた先取り貯金があります。



その使い道は、寄付です。

本田健さんの言葉をお借りしますと

「happy money」の

先取り貯金です。



2016年から毎月一万円ずつ、寄付を目的

とした先取り貯金をしています。



先に申しておきますと、わたしはこれまで

寄付が気持ちよく出来ない人間でした。



「自分には寄付に回す余裕なんてない!」

「こっちが寄付してほしいぐらいだ」

「寄付はお金をたくさん持っているお金持ちがすればいい」



そんな風に思っていたからです。



どうしてこんな風に思っていたのか?と

いうと、

①お金のことを全く知らなかった。

②お金のブロックがあったから。

です。



お金の正しい知識がなかった私は、

夫の失業が転機となり、お金について自分で

学びにいくようになりました。必然的に。



そうした中で、ワタナベ薫さんのお金の本

に出会い、その後も様々なお金の本に

出会う流れに乗りました。



本にはお金のブロックを外す方法のひとつ

として、「少なくてもいいから身銭を

きって、寄付をしてみましょう」

「募金箱にお金を入れてみましょう」

と、書いてあるんです。



他にもブロックを外す方法はたくさん

ありました。



お財布に年齢分のお札をいれる、とか。

お財布を休ませる、とか。

まずは自分を満たすために、ほんとうに

お気に入りのモノを買う、とか。



そういったものは習慣にできたのに

寄付はなかなか手が付けられなかった。

自分の手元にあるお金を、自分以外の

人に回すなど、お金のブロックがある人間

には「かなり高いハ-ドル」でした。



それでも時々、募金箱にお金を入れるように

なり、また、神社のお賽銭の額を一桁

ふやしてみました。



「私にはできない」「お金無いから」

そう思っていた自分でも、寄付やお賽銭が

気持ちよく出来るんだ・・・

そんな経験をしました。それは後味のいい

ものでした。



そこで、2016年から思い切って、

「寄付」目的の先取り貯金をはじめたのです。



さきに寄付に使う枠をとってしまえば

もっと躊躇なく寄付が出来るようになるの

では?そう思ったんですね。お金のブロック

が根強いと、せっかくの良い習慣も

リバウンドもしやすいんです。

それを防止するためにも、先に使う目的を

決めてしまう。



正直、勇気が要りましたが、強引に!

決めてみたんです。



ちょうどこのころ、夫が正社員となり

お給料もあがったので、握りしめるだけ

でなく、また、自分たちのためだけでなく、

まわりにも循環してみよう、かな?と。



そう思えたのも、薫さんのお金の本のお蔭

であります。



お金のことを知らないままだったら

収入が増えても回さないでため込むことを

私は選んでいたと思います、まちがいなく!



私にとっては大きな負荷でしたが、

おもいきって先取り貯金をきめ、

自分の手で、募金箱にお金を入れてみました。



自動で毎月引き落とし、という方法もあり

ますが、当時の私にはまだ選べなかった。

そこまで覚悟が持てなかったんでしょうね。



なので、募金箱を見たらお金を入れる方法

ではじめてみました。



お店やコンビニのレジ横にある募金箱に

お金を入れました。金額が大きくなるに

つれ(といっても多くて千円です)

レジの方の反応が想像以上にあり、

それだけ日本では寄付の習慣がないという

ことも実感します。



そんな手順で寄付を続けていくと、

自分の感情に、変化が見え始めました。



お金が自分の手元から離れる時に

以前のような「不快感」を感じにくく

なってきたんです。



それは募金いがいにも現れ始めます。

たとえば、友人のお金を立て替える時も

自然とそれをすることができ、もちろん

「立て替えてたお金、返して」ともいえる

ようになりました。



自分も、友人も、信頼できるようになったから。



もしも返ってこないとしてもなんとなく

「違う所からまた回ってくる」といった

自信さえ、さいきんは感じるように。



モチロン、立て替える金額は今の自分の

器に見合った額です。笑



そう思えるようになると同時に、

自分は今でもとても豊かだということにも

気が付きました。



そして、日本が豊かな国だということも

実感し始めたんです。



これからの日本の先行きは決して楽観

できるものではないかもしれません。

ただ、今現在のわたしは豊かですし、

私の身近にいる人たちも金銭的に困窮して

いるひとは見当たりません。



ところが、今に満足している人は少ない。



多くの人が何に意識をむけているか?

というと、足りない部分。自分がつねに

考えていることや、口から出る言葉に注意

すると見えてきます。



「寄付する余裕なんてない」

そう思っていた時の私も、まったく

そうでした。今だってボ-っとしていると

そうなります。



それは多くの人が持っているお金のブロック

のせいでもあって、そのブロックを外す

方法のひとつが「寄付をする」でした。



寄付している私ってすごいでしょう!と

上から目線になるのが目的ではなく、

すでに自分は豊かである、と知ることであり

それらに感謝することでありました。



これは実際、勇気をもって自分の手から

お金を放ってゆかないと・・・

心から感じることは出来にくい。

少なくとも、私は本を読んでいるだけでは

感じられませんでした。



小さな流れでも実践し、それを継続していく

ことでしか、味わえなかったです。



いまだ、お金のブロックがゼロではない

ので、これからも続けていきたい習慣です。



2016年からいわゆる

happy moneyをはじめていた

我が家ですが・・・



その後、私も正社員になったり。

今年は臨時収入の額が昨年より増えたり。

私の月収も一年前よりも、平均して3万以上

増えています。



固定費の削減も進んで、二年前と比べると

年間30万以上削減されていました!



その分は「happy money」を

しっかり意識して循環させていきたいと

思っています。



詳しく知りたい方は、ぜひ本田健さんの

一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money


楽天

一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money [ Ken Honda ]

価格:1,760円
(2019/11/9 10:38時点)
感想(3件)



アマゾン

一瞬で人生を変える お金の秘密 happy money

新品価格
¥1,650から
(2019/11/9 10:39時点)




お読みになって見て下さい。



夫と相談し、今月からはもう一段ステップ

アップ。自動で毎月引き落としされる

寄付団体に申し込みしました。

一日100円、一か月で3000円です。


DSCN0908


(マンスリ-プログラムに登録したら、かわいいミニトートバッグが届きました)



最近はカ-ド払いが殆どで、現金を出さない

・持たない習慣になりました。なので、

自動引き落としにしてみました。



感謝できる、豊かな自分たちでこれからも

在りたい。だから、お金のブロックを外す習慣

(セルフイメ-ジを高める習慣)は続けていきます。



今日の記事は、本に書いてあった

お金のブロックを外す習慣を、

そろりそろりと実践してみたら、

私たちでもこんな変化があったよ、という

記事でした。ありがとうございました。



ちなみに、、、お金持ちの人たちは

こうした社会貢献は誰にも言わずコッソリ

やっているそうです。