こんにちは。

11月も半分が過ぎますね。

12月はボ-ナスの時期ですね。


jyann



ところでみなさんは、お給料明細を見て

どんな気持ちになりますか?

自営されている方だったら、売り上げ、

専業主婦の方でしたら旦那様の稼ぎと

なりますね。



たとえば給料明細を見た時、多くの人が

「たったこれだけ?!」

と感じてしまうのではないでしょうか?



また、手にしている物にも

「こんなものしか買えない」

「こんな家にしか住めない」

そんな風に、ついつい負の感情をもって

しまってはいないでしょうか?



実はそれ、

「自分に流れてくるお金の量を少なくする」

「お金を遠ざける」

と、言われているんです。



じぶんが手にしてるものに文句を言う事は、

セルフイメ-ジを下げることなんだそう。

つまり「自己否定」していることに

なるんです。だから、お金が流れてこなく

なると言われているんです。



どういうこと?って感じですよね。

わたしも理解するまで時間がかかりました。

今、私が解釈している意味で伝えさせて

いただきますと、



「たったこれだけ?!」と思うことは

「自分はこんなものしか買えない」

「それだけの価値しかない」

と卑下することになり、セルフイメ-ジ

が下がる。



自己肯定できていないと自分を信頼

することができず、周りも信頼できない。

「私は何をやってもうまくいかない」

「幸せになれない人間だ」

と、だから人生を諦めてしまう。



あきらめは行動力を下げます。

動いていない人には運は回ってきません。

結局お金も、流れにくくなる訳です。



「たったこれだけ」



この言葉、無意識に言っていますし、

頭に浮かんできます。これはもう、くせ。

知っている私でも、いまだにこの感情が

残っています。



なので、お金の勉強をしていないひとは

なおさら無意識に、この言葉を連発して

いる人が多いです。



「与えられたものに文句を言うこと、

それは自己否定しているのと同じ」

ワタナベ薫さんのマネ-リプログラミング

にも「お金の器を整える」章で、詳しく

解説して下さっています。



初めて聞いたときは、

うそー!そんなつもりない!

と思いました。

だって、本当に少ないんだもん!

ってね。笑



ただ、ひとつ確かなことは、

これっぽっち!との思いが強いときは、

感謝はできていない、ということです。



人生の質、運気をアップさせたいので

あれば、皆さんもご存知のように

感謝はかかせませんよね。



なぜなら、じぶんが放つ波動が、

その人の人生を作り上げるから!

そして、波動を上げる最強の方法が

「感謝」なんです。



これっぽっち。

そう言っている時、こころから、

感謝の波動とつながっているかな?



無理でしょうね。

感謝しているけど、でも・・・

でも、の後に続く言葉の波動の方が

強烈だと思います。



自分にお金を運んできてくれる人に文句を

言うことは、まわりまわって結局は

自分の運気を下げることにつながるんですね。



与えられたものに文句が出そうになったら、

そうだそうだ、自分に文句を言っていること

になるんだ、と思い出せたらいいですね。



しかし、なぜ「たったこれだけ」って思っちゃうんでしょうかね?



なぜ「ありがたいなあ」ってパッと

思えない人が多いのでしょう?

好きなことが出来ていないからかな。

どうしたら、今手にしている物に心から

有難いと感謝できるようになるのか?

考えてみます。