こんにちは♪

今日もお金のお話をしたいと思います。

先日ブログでもお伝えしました

「簿記3級」のお勉強。

11月の新月から始めています。

DSCN0946


ちょうど教材が届いたのが11/27の新月でした

から、いまがスタ-トのタイミングだと

意味付けし、すぐ行動へ移してみました♪




知らない事ばかりですが、だからこそ、

楽しいです。お金の話しですし♡

お金が好きな人にはワクワクする学びでは

ないかな?って個人的に感じています。



出てくる用語が、

資産とか負債とか借入とか純資産とか

資本金とかときどき株とか。ですから。



楽しみながら毎日簿記と接しています。

まだ7日目ですのでね、偉そうなことは

言えませんです。



簿記の学びの中で、これは皆さんにも

おつたえしたい!そんなことがあったら

ブログに書いていきますね。



今日は「資産」について。

これは!と思った内容があったので

シェアしたいと思います。



簿記で作成する表に、

賃借対照表(タイシャクタイショウヒョウ)

というのがあります。



企業の財務状態(財産)を明らかにする表ですが

その中に「資産」を記入していくんです。その

資産の説明の中で講師の先生が



「資産とは。

それを持っていることで、
お金をもっと稼げるように
なるもののこと」



とおっしゃったんです。おおお~

響きましたね。ブログに書こう!って瞬時

に思いました。



これを自分の人生に当てはめて考えると

どうなるかなあ?って考えたんです。



(それを所有していることで、お金を

もっと稼げるようになる・・・)



企業では備品がそれにあたります。

パソコンとか、机や椅子です。

車両運搬具、といって車やバイクも入ります。

事務所などの建物も入ります。



この項目、個人でも所有している人多いです

よね。私はバイク以外所有しています。

で、思ったんです。

私はこれを所有することで、お金をもっと

稼げるようになったのかな?って。



たとえば、車。車は通勤に使っています。

だとしたら、お金を稼ぐために必要なもの

となりますから、簿記上では、「資産」

になるのかな。



ただ、私の所有目的は「移動手段」です。

だとしたら、私を行きたい所まで安全に連れて

いってくれ、目的を達成したら、安全に自宅まで

送り届けてくれればじゅうぶん役目を果たして

くれているんです。



それなのに、そこへ見栄やエゴが入って

自分の収入に見合っていない分不相応の車を

購入してしまったら?



自分が稼いでいる額と見合っていない金額を

使い(借金)車を購入することになる。

さらに、車は所有していると維持費もかかる。

するとそれは「資産」ではなく、「負債」となる

訳です。



家も同じですね。



ただ、一概には言えないとも感じるんです。

移動手段である車の快適さが仕事への

モチベ-ションをアップしてくれるかも

しれません。



本当に欲しい車を購入することで

「自分でも好きな車を買っていいんだ!」と

自己肯定感が高まり、自信がつく人も

いるかもしれません。



ちなみに兄は車が昔から大好きで、

サラリ-マン・既婚・子供ありですが、

8桁の国産車を所有しています。

大好きな車を所有することで仕事への

モチベ-ションが上がるんだそうな。

(車と年一の旅行以外は質素な生活です)



私の価値観では、1000万の車を持つなど

浪費以外の何物でもありませんが、兄にとっては

大切な浪費であり、もしかしたらそれがお金を

貯めること・稼ぐこと・増やすことへの

氣力アップになっているのかもしれません。



だとすれば、車は「資産」となっているかも

しれないですね。



私は軽自動車でもじゅうぶん満足していて、

仕事への移動手段として毎日活用していますし、

車の中ではマネ-リプログラミングなど、

音声を流しながら勉強もしていますので

資産となっているのかな?



「資産とは、それを所有することでもっと

お金を稼ぐことが出来るもの」



これを、個人の所有物に当てはめ、改めて

考えてたり、新たに何かを購入する時に意識

してみるとお金ともっと仲良くなれそうな気が

します。ご参考までに。



またシェアしたいことがあったら

ブログに書いていきますね!

沢山の方と共に、お金と仲良くなれたら

嬉しいです。