こんにちは。

さむくなりましたねええええ。

さむいの苦手です。今年は去年よりも

さむく感じます。なので、UGGのブ-ツを

2年ぶりに履きました。グレ-愛用中です。

こちら⇓

アグ UGG 1016223 CLASSIC SHORT 2 (グレー)

価格:26,136円
(2019/12/8 14:00時点)
感想(0件)



やっぱりあったかいな~。

こちらも愛用していますよ。ダコタ⇓

【56%オフ★最大400円OFFクーポン】 送料無料 UGG アグ モカシン ダコタ DAKOTA 5612 1106877 レディース フラット シューズ ぺたんこ リボン ファー シープスキン ボア ムートン もこもこ あったか 防寒 保温 スエード カジュアル おしゃれ ブランド 売れ筋 プレゼント 黒

価格:9,180円
(2019/12/8 14:04時点)
感想(1239件)



足があったかいと気持ちいいですね。



さて、今日は

腰痛持ちの私が、腰痛予防のためにやって

いることを書いてみたいと思います。



はじめに私の腰痛歴を書きますね。

20代~30代のころは特に腰痛には悩まされた

記憶はありません。ところが、40代に入り

ある朝、トイレ掃除をしていたら

「ギク」!



そうです、ギックリ腰になってしまったんです。



実家の父と兄も腰痛持ちで、母も時々腰を痛め

整骨院に通っていました。骨格的になりやすい

のでしょう。もれなく私も仲間入りを果たす

ことになりました。



それから年に一度は腰痛に悩まされるように

なり、昨年から今年の初めにかけては

ぎっくり腰一回。股関節痛一回。

尾てい骨痛は長期にわたり続いていました。



かかりつけ医の整骨院の先生に

ギックリ腰にならないためにできることは

ありますか?と質問したらなんと、

「ない」

と言われたんです。ぎっくり腰って何の前触れ

もなく、突然なりますから、それ自体を予防

することはできない、という意味で。



運動は、やらないよりはやった方がいいけど

運動していてもなる人はなるから、、、と

正直におっしゃってくれました。

(ちなみにこの先生、腕がいいと評判です)



特に腰痛予防のためにしていたことは

ありませんでしたが、腰痛とは関係なく

今年の夏から筋トレを始めました。



始めるにあたり、数冊本を読んだ中に

中野ジェ-ムス修一さんの

「頭のいい人のからだの鍛え方」

という本がありました。図書館で借りました。



その本の中に、

「腰痛は筋トレとストレッチで予防する」

とあり、腰痛防止のためには

①腰椎の保護力を高めるエクササイズ(筋トレ)

②下半身の柔軟性を高めるエクササイズ

この二つがあると知りました。



ちなみに私は筋肉量も低く、カラダも固い女

です。あう・・・。



ですので、物は試しにという感じで

お風呂上りなど、カラダが温まっている時に

本に載っていた「下半身の柔軟性を高める

ストレッチ」も筋トレと並行して始めました。

さらに、寝具(マット)も変えています。



その結果、あんなに悩んでいた

腰痛が今ではずいぶん解消されました♪



時々、筋トレで負荷をかけすぎると翌日は腰が

重いなあと感じる時もありますが、そんな時は

無理せずに一日休みます。シップも貼ります。

(笑)



するとそれ以上悪化せずに早く回復ように

なりましたね。



まとめます。

<腰痛予防のためにしている事>

①筋トレ

②柔軟性を高めるストレッチ

③寝具を変える



下半身の柔軟性を高める5つのエクササイズ

が気になる方は、中野ジェ-ムス修一さんの

「頭がいい人のからだの鍛え方」

お読みになって下さいね。



コチラは中野さんのまた別の本ですが、

DSCN0891


コチラの本には、

硬くなりやすい「4つの筋肉」の柔軟性

のチエック方法や、ストレッチで注意したい

ことなどが載っています。特に、

筋肉を柔らかくすることと、

筋トレで筋肉量を増やすことは

セットで考えなくてはなりません。


という点は、目から鱗でした。

腰痛防止には、筋肉と柔軟性が大事だったんだ

なあ~。盲点でした。知って良かったです。



楽天

女性が医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本 [ 中野ジェームズ修一 ]

価格:1,430円
(2019/12/8 15:05時点)
感想(2件)



アマゾン

女性が医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本

新品価格
¥1,430から
(2019/12/8 15:06時点)





ただし、痛みがひどい時はすぐ病院にいく事。

これも大事ですよね。放置しないこと。

ひどくなってからでは回復までにもさらに

時間がかかりますから。



予防は、治療とは違いますのでね。

(ここ、割と勘違いしやすくないですか?)