こんにちは。

11月から、朝勉(朝に勉強すること)を

はじめています。簿記三級の勉強です。

ワタナベ薫さんの本に

ほん


「三つの朝ベンのススメ」というのがあります。

※本をぜひ読んでみて下さいね♪

そういえば今現在、3っつとも出来ている

状態だなあ・・・と気が付きました。



数年前の自分では想像できない。ほんと、

こんな姿、想像したことがなかったです。



数年前の私の朝の過ごし方は、朝は6時半ぐらい

に起きて、テレビをみながらダラダラ朝食を

食べて(しかも、ご飯2杯ぐらい!)

やば!もうこんな時間!と、慌てて出勤する

・・・という感じでしたから。



それが今や、早起きして勉強して運動して

朝食は腸内環境と筋肉に良いものを食べる。

ブログも書いている。変わるもんだ。



ただ、変わらないのは、

「やば!もうこんな時間!」

と慌てて出勤するところですね。(;^_^A

だはは。



以前の私では想像もできなかった今の朝時間

ですが、でもきっと、本当はそうなりたいと

願っていたのだろうと思います。いま、学ぶ

ことが本当に楽しいから。

学生時代は勉強大っ嫌いだったのに~



ということで、2019年もいくつか新しいこと

をスタ-ト出来た一年でした。



数年前から自分を変えたい♪と思い、コツコツ

新しいことを始めてきましたが、

新しいことを始めると必ずと言って起きる

現象があります。それが、



周囲の人から「足を引っ張る」ような

ことを言われること。



田宮陽子さんのブログで知りましたが、

こう言う現象のことを

「ゆりもどし」というらしいんです。

(以前も記事にした事がありますね)



もちろん、言って下さる方は足を引っ張る

など、そんな意識はないと思います。

というのも、私自身が以前は「足を引っ張る」

ことを家族や友人に言っていて、その時は

そういう認識はまったくなかったからです。



ただ、なぜそのような言葉が出ていたのか?

いま、当時の深層心理をさぐってみると、

やっぱり行きつくのは「羨ましかったから」

なんですよね。



周りの意見に流されない、凛とした姿で

堂々と自分の好きなことを選ぶ友人が

羨ましくて。だから、つい足を引っ張る

ような言葉をいってしまう、自分側に

引き戻そうとする、意地悪な私がいました。



いまだって、そんな感情を自分の中に

感じる時はモチロンあります。

たぶん、ゼロになることは無いと思います。

ただ、それが自分の嫉妬からくるものだと

自覚ができるようになったので、対処ができます。



嫉妬が湧き出た時の対処法は、

それを「認めること」そして、その嫉妬という

エネルギ-を良い方向へ転換しよう!と思うこと。



さらに、嫉妬がもやもやしたものになるようで

あるならば、まずはそこから離れること。

モヤモヤ・・・とは、私の場合ジャッジしたく

なったり。度を越した心配をする状態ですね。

ブラックな気もちになる場所からは離れる努力

をします。



今の私は、新しいことを始める機会が増えた

ので、言われる側にも時々なります。

どんなことを言われるのか?ざっと書いてみます。




・すごいね、でも私には無理。

・そんなことしてどうするの?

・やめたほうがいいよ。

・何をめざしてるの?意味あるの?

・趣味もいいけど、私とももっと遊んでね。

・疲れるでしょ、無理しないで。病院行った方がいいよ。

・まだ稼ぎたいの?そんなに稼いでどうするの?

・どうせまた続かないでしょ。



最近では簿記の勉強を始めましたが、それに関して

発動したゆりもどしの法則は、

→そんなの勉強しても理解できないよ。



(・・・だから勉強しとんじゃい!

理解できていたら勉強する必要ないわい!

でもありがとう、やる気アップにつながりますた。

←らら・心の声より)



こんな風に、「かならず」と言っていいほど

新しいことを始めると周囲の人から何か言われます。

ネガティブな内容であることの方が多いかもです。

※「バランスを取りたがる」という法則も、関係

していると感じます。



ただ、中には応援してくれる人もいます!



私がこんなこと始めているんだよ、というと

すぐに「すごい!いいじゃん!」

って言ってくれる人も、いるんです。

その人たちに共通しているのは、



その人たちが、私よりも、もっともっともっと行動している人!



じっさい自分も行動していて、行動すること

の大切さを本能で知っている人、なんです。

だから、誰かが新しいことにチャレンジした

と聞いたら素直に応援することが出来るんです。



仮にもし、嫉妬心を感じたとしても、

応援することを選択していると思います。



その方が自分の気分が良いから。



で、私はどっちの声を取り入れたらいいのか?

ですが、それはモチロン

「行動して結果を出している人」の声です。



その他は華麗にスル-していいんです。

※ちなみに私は先に書いたように、まだ

華麗にスル-はできない時もあります。

ただ、それを反面教師にすることはできる

ようになりました♪



もうすぐ2020年。新しい何かをはじめようと

考えていらっしゃる方も多いと思います。



そのことを、ワクワクで家族や友人に伝えた

時、もしかしたら「足を引っ張る発言」を

されるかもしれません。それはもう、起きるもの

として覚悟していた方が無駄にエネルギ-を

奪われずに済みます。



ただこれも、私の受け止め方次第でもあるんです。



ふうん、この人はそう思うんだね~と、

相手に介入しなければいいだけなんですよね。

ここがまだちいと私は弱いなあ。



そんな時こそ「自分軸」の再確認!ですね。

そして、それまでと同じ思考を選ばないこと。

上手く行かなかった思考パタ-ンは、選ばない。

そんな意識も役に立つと感じています。



自分の在りたい姿、常に確認しながら進んで

いきたいですね。今日も読んでくださり

ありがとうございました。らぶ♡