こんにちは。

DSCN0944

お年玉。大人になっても楽しめることを知った。



昨日は夫と初詣に行ってきました。

みなさん、初詣はどこに行きますか?



我が家の初詣は、まずは住んでいる土地の

氏神様がいる神社に行きます。



氏神様は、

その土地に住む人たちを守ってくれる神様

のことです。



3年ぐらい前かな?何かのきっかけで

「初詣は、まずは地元の氏神様がいる神社

に挨拶に行くと行くと良いですよ」

と知ったんです。



(ついでに言うと、大晦日も氏神様に

一年ありがとうございました、とお礼を

伝えに行くと良い、という話も聞きました)



いつも私たち住人を守ってくれている神様。

お蔭様で一年安全に過ごすことが出来た

のですから、まずは感謝を伝えに行く。



そんな古くからの習慣、とてもいいなあと

思ったので、毎年初詣は地元の氏神様がいる

神社にいくようになりました。



できれば初詣も大晦日も行きたいけれど

時間が取れずに行けない時だってあると思い

ます。そんな時は、執着しなくて良いと思う。

だって、神様はそんな事は気にしない、

寛大な存在だから。



神社に行けなかった場合は、その場で

自分の「気」を深呼吸で整えて・・・

手を合わせ、

「いつも守って下さりありがとうございます」

と感謝を伝える。それだけで、波動は響いて

伝わっていく。



・・・と、私は見えない世界のはなしを

知っていくうちに、そう思えるようになり

ました。本気で思っているので、焦りや

執着がなく、気分よくいられます。



そして、時間が取れた時に、改めて

ゆっくりお参りをする。



神社に行かなくちゃ!運気が下がる!と

思ってしまう時もあるかもしれません。

そんな時は、



「大丈夫、神様はそんな意地悪じゃない

寛大な存在です♪」



と思い出すと、心がとても軽くなる。

そんな気持ちの変化も体感します。もし、焦り

を感じた時はお試しくださいね。



さて、もうひとつ。

神社に行く時は、ひとつ試す儀式があります。

それは、



「お風呂に入り、身を清め

新しい下着を身に付けていく」



です。これは、ワタナベ薫さんも習慣にされ

ていることで、ブログに書いていたことが

あったので、私も可能な範囲でマネしている

習慣です。



神社はとても神聖な場所。

昔から神聖な場所にる前には「禊(みそぎ)」

と言って、つみ汚れを祓い、身を清める儀式

がありました。



不潔な状態は、波動でいえば低い状態です。

神社は行くと分かるのですが、清潔で気持ち

がいい場所です。なにかが見えるとか・・・

特別な能力がない私でも、それは分かります。



その波動が高い、場所の空気に違和感を

感じるよりは、同調したほうがさらに

自分自身の気を高めることにもつながる、

と考えられますので、私はこの習慣を

取り入れています。



夫にも新しい下着と肌着を準備し、

これ着てね~とお願いします。

その際は、上記に書いた理由を伝えます。



もし、「そんなことしても意味がないよ~」

とか言われても、気にしないでOK。

だって、私自身もそれをすることで

大きな見返りを期待している訳ではないから。

ただ、楽しんで法則や習慣、慣わしを試して

いるのですから。



その結果、もしも良いことがあったら♪

ありがとうございます、になるし

何もなくても別に何もないだけです。

(#^^#)



あ。家族に言いたくない時は、無理して

言わなくていいと思います。私は長年言えず

ひとりで法則を試してきました。今も夫は

興味がないフリしています(笑)



なので、伝えたい時は伝えますが、

めんどっちい~ときは言わないです。

基本自分ひとりで、楽しめばいい♪

ここでも、自分の気持ちが軽くなる方を

選びます。



そういえば子供のころ、お正月は母が新しい

下着や洋服を用意してくれていて、

それを兄と私は着ていました。母から新しい

下着を渡されると、「ああ、お正月だなあ」

と、ワクワクした記憶があります。



母が子供の頃、みんな貧乏で今のように簡単

に服は買えず、夏のお祭りとお正月の年二回、

新しい服を買ってもらえるのが楽しみだった

と聞きます。その習慣を、母は私たちにも

自然とやってくれていたんですね。



大人になってからは無くなりましたが

見えない世界のはなしを知る中で、そんな

事も思い出し、母に感謝・・・。

現代にも復活させた習慣です。



信念に新しい下着を身に付けると気持ちも

シャキン!としますしね♪



以上、わが家の初詣の慣わしでした。

ご参考までに・・・。