こんにちは♪

今年も手帳はワタナベ薫さんの未来手帳。


DSCN0889



2020年も書いて書いて書きまくるZo!

いえ~い!



と、テンション高めでスタ-トして

みました。



先日、手帳の活用方法について書いて

みました。こちら。

未来手帳の活用法



今日はこの記事への追加内容となります。

未来日記を書き、一年後に読み返しをします

が、そのとき必ず、



理想と現実との間に「ギャップ」がある!



と思うんです。例えば私の場合、

個別銘柄投資でいい成績を出した、と

理想の姿を書いているのに、現実はそう

ではありませんでした。



書いたことが叶っていない!



と、ガッカリします。。。ただ、この

「ガッカリ」を自覚することも、どうやら

目標達成には欠かせないらしいのです。



ギャップは現時点を確認することになる



気持ちよくイメ-ジングして、目標を決めた。

ところが現実はそうなっていない!と脳は

認識すると、一度気持ちよくイメ-ジング

した状態へ、現実も行こう!とアンテナが

立つらしいのです。だから行動へつながる。



これは目標を決めた直後に行うコーチング手法

らしいのですが、振り返り作業でも使えますね。



現時点はどうか?

どこまで進んでいるか?

航路は間違っていないか?



の認識になり、アンテナを立て直す作業

にもなると感じます。



たとえば私の場合、

投資でいい結果を出せなかったのは、

方向が間違っているからかもしれない。

ただ、私はまだ個別銘柄を始めて3年目

なので、2019年は「市場の流れ」をずっと

見てみようとも決めていた。



2019年は取引よりも、値動きを体感する

ほうに重きを置いていた。だから、いい結果は

出せなかったけど、市場にずっといるという

目標は達成した。そのお蔭で2018年よりも

「市場ってどういう動きをするのか?」の

体感だけは、積み重ねることはできました。



その過程で、投資に必要だと思われる

新しい勉強もスタ-ト。(簿記です♪)

簿記の勉強をはじめて、投資にも必要なお金

の動きがチラチラ見え始めてきたので、この

選択は間違ってはいなそうだ、と感じます。



ただ、これが本当にいい結果につながるのか?

現時点では分かりません。

もう少し時間がかかりそう・・・



でもそれ以外で、航路が少しずれていると

感じた部分があったので、そこは微調整して

行こうと思います。



振り返り作業で、

①書いたことが叶っていること

②理想と現実のギャップ

この二つが確認できました。



その現時点での結果を、今回から「未来日記」

を書いた隣の空白ペ-ジに書き出すことに

しました。



書き出す方がより認識できると思うので。

試しに書いてみましたよ。

さて、これがどんな結果につながるのか?



ガッカリしたら余計ヤル気が失せるのでは?

と思いますが、脳の仕組みはそうではない

みたいです。



先にも書いたように、脳は一度気持ちよく

イメ-ジングしたら、気持ちいいと感じた方

に行きたがるので(これぞ魂の本質!)

ギャップ(違和感)を感じると

「これは違う!」と認識し、気持ちいい方へ

行こうとアンテナが立つらしいですよ。

(カオラボより)



ただイメ-ジングすればいい、と思って

いましたが・・・そうではなかった!

カオラボ~ありがとうございます。



他にもたくさん、振り返り作業での手法を

教えて頂きました。メモに取りまくったので

一年後、良い報告ができるよう・・・

2020年は定期的に振り返り作業をして

行きます♪