こんにちは。

今日は、小さい子供へ伝えたいお金の話し

について考えてみたいと思います。

DSCN0944


子供のうちからお金の教育がいかに大事か、

私は、今になってそれを実感しています。



子供の頃から親が株式投資をしていたり、

事業をしている家庭では、自然と家庭内

でお金の話しをされていることが多く、

よってお金の教育も、自然とされています。



そういう家庭に育った子供は、お金を稼ぐ

・貯める・増やす。が身に付いており、

金融リテラシ-も高い方が多いですよね。



今の時代、とても大切なスキルだと思います。



投資をするのが自然なことだと思っていたり、

自分で事業をおこし、社会に価値を提供しその

対価を受け取ることがお金を稼ぐことだとも

思っていたりします。




逆に、子供がお金お金って言うんじゃない!

とか、人前でお金の話しをしてはいけない!

とか、お金が欲しいというのは、はしたない

こと!と言われて育つと、



お金をたくさん稼ぎたいとか欲しいと思う事

=欲の塊=はしたない=悪いこと。



そんな観念ができ、そういう目でお金を

見るようになってしまう気がします。



お金はただのお金なのに、悪の根源だと

思い込んでしまったり、お金さえあれば

問題がぜんぶ解決する!と思い、お金に

異常に執着してしまったり。お金があるのに

お金がないと言ってしまったり。



子供の頃の印象は強烈で、本人もなかなか

それに気が付かず、その観念が当たり前と

なり、過ごすことになります。



植え付けられた観念がそうだと、それを

通して感情・思考・行動が決まってくる

ので、とうぜん結果も変わってきます。



いかに、子供の頃の教育が大事かが

わかりますよね。とはいえ、親世代も

お金の教育は受けてきていませんから。

どうやって子供に伝えたらいいのか?



そんな今、お金の仕組みや使い方を伝える

児童書がたくさん出ているらしいですよ。

たとえば、「おかねをつかう!」

楽天

おかねをつかう! 生きるのにかかせないお金のはなし (子どもにしっかり教えたいお金のこと はじめてのお金教育えほん) [ シンダーズ・マクレオド ]

価格:1,540円
(2020/1/16 10:21時点)
感想(1件)




アマゾン

おかねをつかう! 生きるのにかかせないお金のはなし (子どもにしっかり教えたいお金のこと はじめてのお金教育えほん)

新品価格
¥1,540から
(2020/1/16 10:24時点)





「おかねをかせぐ!」

楽天

おかねをかせぐ! 生きるのにかかせないお金のはなし (子どもにしっかり教えたいお金のこと はじめてのお金教育えほん) [ シンダーズ・マクレオド ]

価格:1,540円
(2020/1/16 10:18時点)
感想(0件)



アマゾン

おかねをかせぐ! 生きるのにかかせないお金のはなし (子どもにしっかり教えたいお金のこと はじめてのお金教育えほん)

新品価格
¥1,540から
(2020/1/16 10:25時点)





「10歳から知っておきたいお金の心得」

楽天

10歳から知っておきたいお金の心得 大切なのは、稼ぎ方、使い方、考え方 [ 八木 陽子 ]

価格:1,650円
(2020/1/16 10:23時点)
感想(0件)




アマゾン

10歳から知っておきたいお金の心得~大切なのは、稼ぎ方・使い方・考え方

新品価格
¥1,650から
(2020/1/16 10:26時点)




などなど、他にもたくさん出版されて

いるんですね。読んでみたいな。これ、

親も一緒に学べますよね。



私には子供がいませんが、かわいい

甥っ子や姪っ子はいます♡

子供も小学生になると、「お金があれば」

自分の欲しいものが買えると分かってます。

だから「ららちゃん、お金ちょうだい!」と

言われることも増えてきました。



そんな彼らに何を伝えたらいいのか?

やっぱり迷います。まだまだ試行錯誤ですが

今のところ



①なぜ、お金がほしいのか?

②お金を手にするにはどうしたらいいか?

③お金を増やす方法は?



そんなことは、聞くようにしています。

「ららちゃん、お金頂戴」っていわれたら

まず

①なんで欲しいの?

と、理由を聞きます。



ま、たいていゲ-ムがほしいから!ですね。

そうか、ゲ-ムが欲しいんだね。

お金が欲しいのではなくて、ゲ-ムが欲しい

からお金が必要なんだね、と確認します。

次は、



②お金を手にするにはどうしたらいいとおもう?



と聞きます。自分でお金を手にする方法を

確認させるためです。返ってくるのは、

「みんなからお金をもらうこと!」

のみです。(笑)まあ、そんなもんですよね。



ここでめげず、

「たしかに、それも一つの方法だよね。

でもね、お金ってあなたが誰かの役に立つこと

をしたら、そのお礼としてお金を受け取る

ことができるんだよ。



だれかの困りごとを助けてあげることが

できたとき、ありがとうってお金を

もらえるんだよ」



と伝えます。ま、ほぼ聞いていませんけど。

でも時々「たとえば?」と聞いてくるので

ちょっと興味はあるのかな?



そんな時は、あなたがお金をもらいたいと思う

人(タ-ゲット)の役に立つことは何かな?

って考えてみればいいよ。と言います。



「ママ!お手伝い!

洗濯物畳んでるよ!

でも〇〇円しかもらえない!」



「もっとお金をたくさんもらいたいと

思ったら、もっと誰かの役に立つことで

自分にできる事は何か?考えてみたら?」



そんな会話は数回ですが、した事があります。

そして最後に、



③お金を増やす方法



についても、ちらっと話します。

もらったお金を貯めるころまでは、甥っ子

たちはすでにできています。親の教育です。

その貯めたお金、全部を欲しいものに

使ってしまえば、残高はゼロになります。



が、一部を残してそのお金を「投資」する

とお金は増えるよ、ってことを伝えたい

んですが・・・



ここはなかなかハードルが高くて!

うまく伝える言葉が見つかりませんね。

自分の子供であれば、投資結果をみせて

説明できるのですが。



なので今は、

「お金はお金で増やすこともできるんだよ」

「それが投資っていうんだよ」

と伝えています。まったく興味を示しては

くれませんが・・・。



なんとなく「投資」「お金」「増やす」

がインプットされたらいいなあと思って

言っています。



お子さん・甥っ子・姪っ子へお金の教育を

されている方、良い伝え方はありますか?

もしありましたら、教えてほしいです。



甥っ子たちがもう少し大きくなり、

自分でお金を運用できる年代に近づいて

きたら、もっと上手にお金の話しができる

ように。私自身の金融リテラシ-を、もっと

もっとレベルアップしておこうと思います。



お金は幸せでいられるためのひとつの手段。

だから、お金と仲良く出来るほうが、得だよね。

その為には勉強していこうね。



お金って特別なものじゃない。

ただのお金なんだよ。



使う人の思いがのって、色々変わるんだよ。

どうせならば、気持ちよくいいお金の使い方

をして、自分やたくさんの人を笑顔にした方

がいいよね♪