こんにちは。

先日購入したビジネス雑誌。

 
プレジデント




PRESIDENT(プレジデント)

楽天

PRESIDENT (プレジデント) 2020年 1/31号 [雑誌]

価格:779円
(2020/1/21 05:21時点)
感想(2件)




アマゾン

PRESIDENT (プレジデント) 2020年 1/31号 [雑誌]




人生がうまくいく「24時間の鉄則」

すぐにやる人、グズな人



年収2000万VS300万、
富裕層はどこが違うか?

毎日遅くまで働いているのに
給料はなかなか上がらない。
それなのにテレビで見る大金持ちたちは
いつもなんだか余裕そうだ。
一体なぜなのか?
自分と金持ちは何が違うのか?

お金が貯まる時間術


お金持ちと自分との違い、

こういう雑誌や本は定期的に読むように

しています。理由は、

私の周辺に富裕層はいないからです。



類は友を呼ぶ、はその通りで、

私の周りには圧倒的にサラリ-マンが

多く、よく聞くセリフはまさに、



「給料、上がらない」



ディスっているのではないですよ。

だって私も数年前までこのセリフ、もう

しょっちゅう口にしていましたからね。



その当時は日本のサラリ-マンの仕組みなど

知りもしなかったので、平気でそんなことを

言っていました。



今は、当時よりも「会社員」というのが

どういうものか?この資本主義で生きる為に

どの立場になれば自由とお金を手にするのか?

が、理解できてきたので。今は、



会社員、そう簡単に給料は上がらないよね

って思います。

だからと言って、交渉する努力を放棄しては

いけないとも、思っています。



言わなくても、誰かが見ていてくれている

とか、他人に期待するだけでは(期待しても

いいけど)時間はあっという間に過ぎて

しまいますよね。



ただ、ろくに与えられた仕事もしていない

のに、言う事だけは立派な人には

なりたくないですよね。



お給料上げて、と言いたいのであれば

まずは、目の前の仕事を、精一杯やる。



その時、ただやみくもに仕事をするよりも

(どうしたらもっと効率よく仕事が

できるかな?)と考えて、業務を改善・工夫

しながらやるほうが数倍仕事が楽しくなります。



そんなヒントを、こういった本からもらう

時もあります。凡人の私には根付いていない

「物の考え方」=思考

が、富裕層の人たちにはあるから。



なんてったって、ビジネスが大好き!な方々

ですよ。だから、富裕層になれたのです。



雑誌内の統計にも出ていますが、

年収2000万円の人の、一日の仕事時間は

10時間以上の人が29%も、しめています。

ほんとうに、お仕事大好き!なんです。

仕事が好きなだけでなく、その仕事で結果も

出している。。。



今より豊かになりたい、

今より収入をアップさせたい、

そう思っているのであれば、

参考にしない理由がありませんよね!



ということで、さっそく一部マネっこ♪

自分の業務と、ついでにプライベ-トにも

取り入れたことがありました。業務の方は

職場の改善提案にもつながる内容で、上司

からもお褒めの言葉をいただきましたよ。

\(^o^)/

(本に書いてあったのを真似した~と言ってしまいましたが)



富裕層の人たちの考え方を読んで思うのは、

「目的を持って生きている人」と、

「目的を持たす生きている人」との間には

時間がたてばたつほど、大きな差がでるのだ、

ということです。



人生の目的・・・と考えるととても大きな

ことをイメ-ジしてしまいますが、そうではなく

まずは、自分の目の前のことから。



目の前には、毎日何かしらやるべきことが

ありますよね。それに対し、なぜこれをやる

のか?求められているのは何か?

作業内で、やりにくいことはないか?

もっと効率を上げる方法はないか?

結果を出す気はどうしたらいいか?



そんな事を考えながらやっているか?

それとも、ただただ言われたことを

こなしているだけか?または、ろくに

仕事もしないのに「給料あがらない!」と

文句ばかり言っているのか?



富裕層の人たちの考え方に接すると、

自分には何が足りていないのか?が見えます。

なので、定期的にお金持ちの方たちの思考には

触れていきたいと思います。



富裕層は身近にいないので・・・

本から刺激をいただきます。

PRESIDENT

楽天

PRESIDENT (プレジデント) 2020年 1/31号 [雑誌]

価格:779円
(2020/1/21 05:21時点)
感想(2件)




アマゾン

PRESIDENT (プレジデント) 2020年 1/31号 [雑誌]




今日も素敵な一日を!