こんにちは。



人生を豊かにするには、1日24時間を

どれだけ好きなことで埋め尽くせているか?

、どれだけ好きなことで自分を満たして

いるか?がポイントだと思います。



※好きなことをしている時の、あの

ワクワク感♡最高ですよね♪


楽しもう!



そのためには、

①まず、自分が本当にやりたい事・

好きなことは何か?を知ること。

次に、

②好きなことをする時間の確保!



が必要です。今日は、②の好きなことを

する時間の確保法について、書いてみます。



一日のすべてを自分が本当にやりたいこと、

好きなことで埋め尽くせている人は、もう

人生大成功!ですよね。



たぶん、たくさんのお金を稼いでいなくても

いつもニコニコ。しあわせを自覚している。

周囲の人からも

「あの人、何だかいつも楽しそう!」

そんな風に思われていると感じます。

いいですよね~理想です♪



で、そうなるためには。今より少しでも

好きなことをする時間を増やすこと。

そのために、

可処分時間=自由に使える時間

を増やすことを意識します。



可処分時間を増やすには、まずは

時間の無駄遣いを把握すること。



どうやって時間の無駄を把握するか?



つい、ダラダラ無駄に時間を使って

しまう部分を自覚すること。

例えば、



・仕事から帰るとテレビをつけて、

ソファ-に座りそのままダラダラ数時間、

見たくもないテレビを見てしまう。

ああ、もうこんな時間・・・

はああ・・・・・。



これ、過去の私のダラダラパタ-ン。

以前はこれを自覚していなかったので、

いつもの習慣で、楽な方に流れてしまい

時間を無駄にしていたんです。ため息を

つきながら。



無駄を自覚したら、それをやめると決める!



無駄なパタ-ンが自覚できたら、

これをやめる!と決めます。



決意したら、悪いパタ-ンになるトリガ-を

生活から削除していきます。



・帰宅したらテレビはつけない。

・ソファ-にも座らない。


と、決意する。そして、



空いた空間に、良いパタ-ンを入れて行く



悪い習慣に流れるトリガ-をやめて、

空いた空間には良いパタ-ンになる習慣

を入れる。私の場合、



・帰宅したらすぐにお風呂を沸かす。


・お風呂が沸くまでの間、着替えはせず
にエプロンをかけ、家事をする。

※これは、着替えるというワンクッションが
入ると、その後の家事が億劫になる、といった
悪いパタ-ンが自覚できたので。着替えず
やることにしました。


・お風呂が沸いたらお水と本を持ち込み、
ゆっくりお風呂に入る


※こちらも、お風呂が沸いてもすぐに
入らず、そのまま別のこともやってしまい
ダラダラモ-ドに入りやすい癖を自覚
したので、お風呂に入る楽しみ(お風呂の中
で本を読む)をつくり、お風呂沸いた!
入りたい!となる意識環境にしました。



これで、ソファ-にすわりダラダラ

テレビを見るパタ-ンから抜け出す

ことができました。



夫が得意なことは夫に丸投げ!



あとは、もっと可処分時間を増やすため

に、夫が得意なことは夫に任せる。

それも、丸投げで!



我が夫は料理が好きです。なので、日勤の

平日と休日は、基本料理は夫に任せます。

下準備まで私がし、その後お風呂に入って

いる間、先にお風呂から上がった夫が料理の

仕上げとセッティングをします。



その際のコツは、丸投げすること!



細かく指示されるとやる気も失せます。

自分がそうされると、ものすごく不自由を

感じるタイプ。そして、それは夫も同じ。



外では色々な規則に縛られ、仕事もしている

ので(ま、それも自分で選んでいるのです)

家では出来る範囲で、自由にやりたいじゃ

ないですか。お互いに。



なので、好みの味付けだけ伝えて

(私の好みは薄味です)

あとは夫にお任せ。



そして感想も、きちんと伝える。

おいしい!この味が好き!そういう時は

しっかり伝えるし、「今日は味が濃いね」

というときも言葉を選び、伝えます。



もちろん、最初に「ありがとう」が基本

です。



私は料理をしない時間に他のやるべき家事

をすることができますし、すると、自然と

就寝時間も早めることができます。



私の体質的に、夜は生産性が激落ちするので、

朝に好きなことをやった方がいい。

なので、朝の可処分時間を増やすために

夜は早寝をしています。



朝は自分の好きなこと以外はできる

限りしないで済むようにしています。



家事は夜のうちに済ませ、その家事も

時間をかけない工夫をする。



お弁当はパタ-ン化しているし、

洗濯物は一度にかける時間を減らすために

ためない。少ない量でも済ませる。

(洗濯が好きじゃないので、それをする

一度の時間を短くすることによって

わたしのメンタル波動が低くなる時間

を減らす目的♪水道代がかかってもOK!)



どうしても朝にやらねばならない家事も、

時短工夫。タイマ-を使って隙間時間に

ササッと済ます。



朝に筋トレをしますが、一つの筋トレを

3セットします。セット間に1分の休憩タイム

が入りますが、その1分でも、何かやるように

しています。家事はモチロン。本を数行でも

読むとか。顔を洗うとか。ゲ-ム感覚で

楽しみながら。



こんな風にしていくと、自然と自分の生活

に苦手なことや嫌だなあ~と感じる事が

減ってきて、楽しいなあということが

増えます。



すると、いつの間にか

好きなことをする時間がとっても増えて

豊かさをますます感じるようになってきます。



可処分時間を増やすぞ!という意識、

わたしにはかなり有効でした。

もっと増やすにはどうしたらいいかな?

今後も考えていきます。