こんにちは。

昨日は2/23に行われた

第154回 日照簿記3級検定試験

合格発表でした。

簿記3級検定、合格しました☆やった☆



「簿記3級簡単でしたよ~」・・・と

言えたら、かっこいいんだけど。

と~んでもない!私にとって、簿記3級の

勉強はぜんぜん簡単ではありまへんでした。

(※簡単ではありませんが、楽しかったです)



一か月ではさすがに無理でしたが、三ヵ月

勉強を続けたら知識も経験もゼロの私でも

日商簿記三級検定試験に、一発で合格する

ことができました。ということで、



簿記の知識ゼロ!」
「事務職の経験もゼロ!」
でも、簿記の勉強を始めたい。
検定試験に合格したい。



という方に向けて、私が実践した勉強法を

書いてみます。



事務職経験ゼロならば、独学よりも通信教育がおすすめ!



事務職経験ゼロ!簿記の知識もゼロ!

の私が、たった三ヵ月で簿記三級の勉強が

一通り終了し、検定試験に合格できたのは、



DSCN0946



通信教育・クレア-ルさんのお蔭です。

※クレア-ルさんは両@学長さんの動画で

知りました。

関連記事はコチラ→簿記三級はじめたよ。



勉強すると分かるのですが、簿記って

数学とか化学に似ているんですよね。

これはこう、という決まり(法則)があって。

それに従って仕訳し、転記し、帳簿を作成

すれば、最終的に損益計算書・貸借対照表

ができあがる。



途中、一かでも所間違っていると

最後の合計金額が合わない!!!



だから、基礎を正しく覚えるためにも、

初めが肝心。初めに独学で間違った解き方

を覚えてしまうと、その後頭の回路を

修正しなくてはなりません。



こうなると知識習得に余計な時間がかかります。

だったら、はじめから正しい法則をプロに

教えてもらった方が、効率がいい。



ということで、私は独学ではなく

クレア-ルの通信教育を受講することに

決めました。



※通信教育の申し込みをする前に、

本屋さんで簿記の本をペラペラめくって

みました。わけわからない言葉だらけで、

こりゃ私には独学では時間がかかるなと

確信したので講座受講を選択しました。



通信か独学か?お悩みの方は

いちど参考書をめくってみると判断しやすい

と思います。



最終学歴/高卒普通科。勉強大嫌いだった私の勉強法



より伝わりやすいように、私の学力を

見える化します。



→最終学歴:高卒。普通科。

レベルでいうと中の中。

勉強大嫌いな学生。でも、試験前だけは

点数を取るために勉強し、テストが終われば

すべて忘れる!そんな勉強法しかしたこと

がない人間です。およよ。



簿記3級の勉強を始める前に、まず

目標を設定しました。



標は、

①簿記の知識を得て、投資に生かしたい

②検定試験に合格したい


ガッチリでなくても大丈夫。勉強しながら

だんだんと明確になります。



次に、

タイムマネジメント



勉強する時間の確保・時間管理です。

単なるスケジュ-ルではなく、目標達成に

むけて時間を管理していきます。

これもやりながら修正していく感じ。



私の場合、勉強する時間は、

・平日は朝と昼休み。

・休日も朝に勉強。

試験の4週間前からは休日の午後も、

3~4時間を簿記の勉強に充てました。



先に「この時間は簿記の勉強する」と決め、

時間を刈り取りました。

ですから、その他の予定は簿記の勉強の後に

なります。だから、三ヶ月間は簿記の勉強に

集中することができました。



平日の昼休みも、12時ピッタリになったら

仕事を切り上げ、12時35分まで簿記の勉強を

しました。



朝に通信教育の動画を見て勉強し、お昼休み

にその復習をしたり、問題集を解いたり

しました。



全課題(単元)が2か月で終了しましたので、

その後は問題集や過去問題を解きながら、

分からない箇所を復習しました。



クレア-ルから送られてくる問題集の

解き方も動画で講師の方が説明して

下さっているので、初心者の私でも理解

しやすく、本当に助かりました。



どうしても理解できない部分は飛ばして先に進む!



それでも、どうしても理解できない部分も

ありました。そんな時はそこを飛ばして

先に進めました。



簿記一巡の流れが分かってくると、前後の

つながりも見えてくるので、最初は理解できな

かった箇所も理解できるようになります。



2~3回映像の説明を聞いても理解できない

部分はいつまでもそこに執着していると

時間ばかり食ってしまいます。



それよりも、先に進めて全体の流れを

ざっくり理解してしまった方が、進みが早い

と思います。



私もどうしても理解できない部分がいくつか

ありましたが、とりあえず最後まで課題を

終わらせ、問題集を解きながら間違った部分

を復習する、といったやり方をしました。



簿記の勉強はとにかく実践!手を動かして問題を解いていくこと。何度も間違えるから覚えていく!



簿記の勉強は教科書を読んでいるだけでは

習得できません。とにかく、手を動かして。

問題をどんどん解いていく。



何度も間違えて、同じところで何度も

間違えて。その都度、復習して体に

覚えさせる。間違えるから覚えるんです。

その為には、実践する。実践しないと失敗

も出来ない。たくさん間違えたもん勝ち!



何度やっても間違える。それでも、繰り返し

やると、五回ぐらいで出来るようになります。



すると、他の問題にも応用できるようになり、

ある一定量の勉強時間を越えると、

難しい~どこから手をつけたらいいの!?

と思っていた問題も、自然と解けるように

なってきます。



ここを、ぜひ味わってほしいです。



せっかく覚えた知識。試験が終わっても勉強を継続しよう



今までは、試験が終われば勉強も終わり!

でした。だから、試験が終われば学んだこと

をすっかり忘れてしまいます。



ところが、大人になってからの勉強は、

自分が学びたくてやるので、その後

そこで終わらせてしまうのは

もったいない!と思うんです。



だから、忘れないように試験が終わっても

お昼休みに問題集を溶いたり。朝に

映像をみて、問題の解き方を復習したり

するんですよね。



ここが大きな変化ですね。勉強嫌いな

私でもこんな風に思えるなんて。

「大人こそ、勉強しよう」はひふみ投資の

藤野英人さんのお言葉ですが、確かにそうかも

と思えます。



「まとめ」簿記の勉強



始めは問題がまったく解けなくて・・・

こんな状態で試験受けられるのだろうか?

無理でしょ!と思いました。



何でやるって言っちゃったのかなあ~

やめときゃよかったなあ~って思いました。



ただ、そんな時も。

けっきょく私はどうしたいの?

と、自問自答を繰り返しました。



答えは毎回同じ。

・簿記の知識を習得したい!

・検定試験に合格したい!

・簿記の知識を投資に生かしたい!



でした。だから、無理~と言った後すぐ

「・・・じゃない!できるできるできる

~スラスラ問題が解ける~♪」と上書き。(笑)



それを繰り返しながら、問題集も何度も

繰り返し、間違ったところは説明動画を

見ながら復習し、問題の解き方を覚えていく。



簿記の勉強法ですが、仕事後にスク-ルに通う

方法もあります。(大原簿記とか有名ですね)。

ただ、通学に時間がかかりますし、

働いて主婦業もしてとなると、ハ-ドルは

かなり上がります。



その点、通信教育は時間の自由がある!



働く主婦でも気軽にスタ-トできる

勉強法です。明確な目標設定と、

タイムマネジメントができれば。

だれでも自宅で学ぶことが出来ます。



さいきんはコロナの影響でオンラインで

サ-ビスを提供されている方がますます注目

されています。通信教育内容もさらに加速し

そうですね。



そうそう。仕事のやり方も、見直す時期とか

言われていますよね。在宅勤務が増えるとか。

それは、お給料も完全歩合制になるとか。

成功報酬柄、ともいうのかな?



自宅で仕事をしながら成果をあげる、

または学習習得率を上げるには、

タイムマネジメント(時間管理能力)

の高さも重要なスキルとなりますよね。



確実に、新しい時代に流れが変わっています。



まずは手始めに。

ご興味あることを、通信教育で手軽に

始めてみるのも良いですね。



社会人になってからの勉強の習慣は、

時間管理、タイムマネジメント能力も

確実に上がります。おすすめです!