こんにちは。

一週間が早いですね。

今はなんとなく、時が早く流れる

事が嬉しく感じます。



今日は変動費について書いてみます。



※変動費とは?

日々の生活で使うお金のこと。

毎月一定ではなく、変動する。

<例>

食費・日用品費・レジャ-費・被服費・医療費など



家計の見直しをする際、この変動費を

節約する方が多いと思います。

モチロン、無駄遣いを減らすことは

どんな時も、大事なことです。



ただ、変動費は固定費よりも金額が低いので、

苦労して節約したわりに、効果を感じにくい

もの。家族の理解も・・・必要ですしね。



なので、家計の見直しは、

まずは固定費から!

と言われているんですね。



そして変動費ですが、あらかじめ予算を決めて

予算内で生活することを、多くの書籍でも

おすすめされています。私も基本、そちらを

おススメします。



ですが、私は現在

変動費の予算は決めていません。



予算を決めない理由はいくつかあります

が、一番の理由は

「お金の流れを見えやすくするため」



初めは若干の不安もありましたが。

だいじょうぶでした。



ただ、収入が上がればその分食費も

あがりました。レジャ-費にも、お金を

かけるようになりました。

外食も、月に一度するようになったり。



変動費、しっかり右肩上がりです。



収入が上がっても、生活レベルを上げるな!

これ家計管理の鉄板ですよね。

ところが予算決めをしないわが家では、

収入が上がれば、変動費も上がりました。



ただ、これは私にとってお金を使う訓練でも

あったんですね。



私はお金に対して、非~~~常に強力な

ネガティブブロックがあり、お金を使う

時に不安や恐怖を感じ、お金が出ていく事

がとても嫌でした。



だから、お金が自分の手元から出ていく時、

負の感情を乗せていたのです。



お金は入ってくる時だけじゃなく

使う時(出ていく時)も嬉しいものなんだ。

だから、使っても良いんだ。



とっても大事なこと。それを潜在意識に

インプットしたくて、変動費は自分たちに

とって必要な物であるのならば、

収入の範囲内で

(※大事なことなので、赤文字にしました)

遠慮せずに使おう、そう決めたんです。



その為に。わが家にとって必要な物は何か?

どこにお金をかけたいのか?

その辺も非常に重要なので、同居する夫と

価値観を共有し、お互いの妥協点を探し

ながら・・・



大切な部分には、収入の範囲内で

お金を使うようにしています。



なんでもかんでも、欲しいものを買って

いたら手にしているお金には限りがあるので

いくらあっても「足りない!」になる訳です。



予算キメはやめても、家計簿はしっかり

つけています。そこで、お金の流れを

把握しています。



それから、とっても大事なことですが、

もし、収入が下がったら。

変動費もそれに合わせて下げていく

つもりです。収入の範囲内で。



唯一の変動費管理方法は、そこかな。



収入が増えれば変動費が増えてもOK!

(ただし、自分たちにとって必要な物限定☆)

そして、収入が減れば変動費も減らす。



変動費は固定している額ではありません。

変動と言う通り、自由に増やすことも

減らすことも可能なんです。



いやいや、一度上げた生活レベルは

そう簡単に減らせないよ!と思い込んで

いると難しく感じるかもしれません。が、

じっさい収入が減れば生きることが優先です。

そのために、人間はできることをやろうと

します。大丈夫です。



話は変わりますが、

固定費は見直しに手間と時間がかかるので、

早めに着手されたほうが良いかと思います。



<家計管理で気を付けている事・まとめ>



①固定費は上げない!出来る限り下げる。

②変動費は収入によって柔軟に変更する。

③ただし、自分たちにとって何が必要か?

どこにお金をかけて、どんなことを

手にしたいのか?そこを家族で共有し

明確にすること。



ちなみに今回のコロナにおいて。

我が家も今後、収入が減ることは予想して

います。夫とは「収入が下がったら、

その範囲内で生活する」と、すでに話して

います。



生活レベルを下げることに、なんら抵抗

はない!と決意します。



この決意もまた、

お金の不安から自分たちを解放する、

心強い支えと備えになっています。