こんにちは。

みなさん、お元気ですか?

私は元気です。


庭のシロツメクサ



今日は、古くからの友人(とてもお世話

になった方)の話をしたいと思います。



友人はシングルマザ-。

小学生のお子さんがいます。



そんな友人が、私たち夫婦に

お願いがあると言ってきました。

そのお願いとは、

自分に何かあったら、子供のことを

私たち夫婦にお願いしたい、とのこと

でした。



彼女は普段、人に何かをお願いすること

は、ほぼありません。何でも一人で

どうにかしようとするタイプです。

そしてこれは、彼女だけでなく日本人に

とても多いタイプだと感じています。



たとえば、

与えることは得意だけど

自分が受け取ることは苦手。



お願いされることはいいけど、

お願いすることは、苦手。



皆さんの中に当てはまる方も、いらっしゃる

のではないでしょうか?



頼るのが苦手だと、1人でどうにかしようと

考える。ぐるぐる答えが出ないことを考える。

だから、心が疲弊してしまう。



恵まれた環境なのに、足りないものを

探して愚痴不平不満を言う、

自分の環境を、他人のせいにする、

それとはまた別で、この場合

起きる事全て自分でどうにかしないと!

と、捉えてしまう。



ひとりで抱え込む。。。



でも、全部ひとりでどうにかすることなど

不可能に近いですよね。



年老いた親のこと。

兄弟の事。

自身の健康問題。

お金のこと。

子供の事。



だれもが、たくさん抱えてる。



大変なとき、だれかに頼る。それは

すごい勇気、そして行動だなって思いました。

母は強し!ですね。



いま私たち夫婦にできる事は、大丈夫だよ

と彼女を安心させてあげられること。

それができる。



夫もそう思っているようで、すんなりと

受け入れていました。



みんなが、みんな。今できる事をする。



自分の備えが万端で、満たしているので

あれば余力は自然と溢れる。

だから、その余力で身近な誰かを

安心させてあげることができる。



だいじょうぶだよ、って言うだけで。

一人でどうにかしなくちゃ!と抱えていた

ひとは荷物が少し楽になる。



おたがい、循環している。だから気持ちが

軽くなる。いい流れになれば、いい結果も

出やすくなります。前を向こう!と思える

ようにも、なる。



もちろん無理なことは無理して

受けなくていいと思います。



それは、自分の心が感じること。

その答えのままに、心が軽くなる方を

選べばいいと思っています。できない事を

無理に引き受けても、お互いのために

なりませんから。。。



できる範囲で、できることを。

やりたいと思えることを、みんなが

少しずつやれば・・・。

きっと、「何かが変わる」



そんな風に思っています。



コメント欄から、元ZOZO前澤氏の

話がありました。すごいですよね。

前澤氏に限らず、いま、自分に何ができるか?

たくさんの方が本気で考えてくれています。



いま、現状がほんとうに辛い人は、

だれかに「助けてほしい」と伝えることも

今の自分にできることなんです。



シングルマザ-の友人から教えてもらった

強さと勇気。人って強い。



わたしも困った時は、彼女に助けてほしいと

お願いしよう。きっと彼女は今の自分に

できることをやってくれるし、無理な時は

無理だと言ってくれる。信頼している。

だから、頼ろう。最初から無理だなんて

決めつけず、やれることはなんでもやっていこう。